archive-com.com » COM » N » NITOYON.COM

Total: 757

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • CVS レポジトリを Git に変換した手順とか注意点とか - てっく煮ブログ
    d に指定するやつ もしくは 環境変数の CVSROOT に指定してるやつ module モジュール名 サブディレクトリを指定することもできる d で指定したパスに CVSROOT ディレクトリがないと Expected Valid requests from server but got E Cannot access path to CVS というエラーになる ダミーでよいので mkdir path to CVS CVSROOT しておけば回避できた author conv file の書き方 author conv file には CVS のユーザー名 から Git の Author 名 メールアドレス への対応を記述していく user1 User 1 user1 example com user2 User 2 user1 example com Asia Tokyo 1 8 1 からはタイムゾーンも指定できるようになっている それ以前のバージョンだと すべて UTC でのコミットとなってしまう 実行が終わったら git log grep Author sort uniq を実行して author conv file に漏れがないか確認しておくといいだろう cvsps のキャッシュ 個人的に悩まされたのが cvsps が結果を cvsps にキャッシュすること CVS レポジトリーを変更したあとに git cvsimport を実行しても反映されない そういうときは rm rf cvsps して再実行するとよい 文字コードの変換 いまなら 全部 UTF 8 でやっちゃえ となるんだけど CVS 全盛の時代は Windows は ShiftJIS で UNIX 上では EUC JP がまだまだ主流だった コミットログやファイル名が UTF 8 でない場合は ちょいとソースコードを修正する必要がある 以下は 1 7 3 1 の git cvsimport に対する修正 usr local libexec git core git cvsimport bak usr local libexec git core git cvsimport 722 6 722 11 sub update index my old shift my new shift file name use Encode qw decode encode encode utf8 decode shift jis for old 2 encode utf8 decode shift jis 2 for new open my fh qw git update index z index info or die unable to open git update index print fh 810 6 816 11 substr logmsg 32767 if length logmsg 32767 logmsg s s n z commit log use Encode qw encode decode logmsg encode utf8 decode shift jis logmsg if skipped logmsg n n nSKIPPED n t logmsg join n t skipped n ここではコミットログやファイル名が Shift JIS だという前提で書いてある 自動判定したい場合は use Encode Guess qw euc jp shiftjis logmsg encode utf8 decode guess logmsg のように書けばいける 歴史の書き換え push する前に インポート結果を十分に確認しておきたい 次のような点に注意して作業した コミットログを書き換えたいなら git rebase i でやっちゃう 不要なファイルがあったら git filter branch tree filter rm f passwords txt HEAD のようにして消しておく 参照 Git 歴史の書き換え 一度でも歴史を書き換えたら commit date が実行時刻になってしまうので git filter branch

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2013/11/20/cvs2git/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • drive around the earth!
    Direction Tilt close Press Z to accelerate X to brake and C to back Press Right to turn right and Left to turn left Press Up to zoom up and Down to zoom down Press A and S to change

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/javascript/application/racing/2/drive_earth.hta (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Google Earth でもドライビング!
    このアプリケーションはファイル作成 レジストリ書き込みなどは一切行いません Google Earth が起動し 初期化が終了すると河口湖が表示されます 先ほど実行した Drive on Google Earth と書いてあるアプリケーションを最前面に持ってきます Z キーでアクセル 左右キーがハンドルです 富士山に登るもよし 実家周辺を走るもよし 好きに楽しんでください 利用できるキーは次のとおりです キー 動作 Right Left ハンドル Z アクセル X ブレーキ C バック Up Down カメラの倍率調整 A S カメラの角度調整 要チェック ポイント 遠くの場所に行きたいときは カーソルキーの上で縮小して移動すると便利です 近くに到着してから下キーで好きな近さまで拡大してください レイヤの 地形 はチェックしましょう 富士山登山が楽しくなります グランドキャニオン下りもお勧めです 日本国内を旅する場合は 建物の 3D 表示 をチェックすることをお勧めします 街中を実際にドライブしてる感覚を味わえます 首都高で建物をすり抜けながらのドライブは格別です ドライブ中は Google Earth で検索を行っての移動や 画面のドラッグは行えません 一旦 drive earth hta を終了して希望の場所に移動した後 再度 drive earth hta を起動すれば 表示されていた場所からドライブを開始できます 技術的なアレコレ

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/javascript/application/racing/2.html (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • 走っているように見える仕組み
    1つの縦長の画像 にしてしまいました これで 24種類の車の回転パターンを一度にダウンロードすることができます 1枚の長い画像をどうやって回転しているように見せているかというと この画像を 15px 15px の div タグの中に格納してます style car width 15px height 15px overflow hidden z index 99 style div id car img src car gif div これで 車1つ分だけが 15px 15px の div タグから顔を出すことになります たとえば 車の画像を 15px 上にずらせば 車が 15 度分だけ傾きます 30px 上にずらせばさらに 15 度傾きます 同様にして n 15 度回転させるには次のようにしています document getElementById car childNodes 0 style top n 15 px これで車が回転しているように見えるわけです 昔の2Dゲームでは 裏バッファにキャラクタのアニメーション素材を用意しておいて それを順次 表の画面に出力してアニメーションしているように見せていました ここでも その手法を踏襲しつつ

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/javascript/application/racing/car_anime.html (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • links document window func array body text custom object d test info warn error assert JS error time timeEnd count trace

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/javascript/application/ieerbug/demo/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Tag Cloud - TECH-NI Blog
    Tag Cloud ActionScript Go Google Maps JavaScript Jekyll LiveReloadX Node js Perl Ruby Silverlight Windows About Profile nitoyon I m a programmer in Japan Kyoto more Recent Entries JavaScript required

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/en/blog/tags/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • クラスタリングの定番アルゴリズム「K-means法」をビジュアライズしてみた - てっく煮ブログ
    それぞれの点の色を塗り替えます 自分から一番近い重心の色に変わります 青の重心は近くに点が少ないので 寂しいクラスタになっちゃってますね ステップ4 2 再度 重心を計算する 重心の位置やクラスタに変化があったので 2 に戻ります 新しいクラスタでの重心の位置を求めます 印がクラスタの中心に移動してますね ステップ5 3 再度 色を置き換える 新しい重心の位置に応じて もう一度色を置き換えます 青と黄が勢力を拡大しました ステップ6 2 また重心を計算する 相変わらず変化があったので 重心の位置をもう1度計算します 黄緑の重心が少し右方向に移動しました ステップ7 3 また色を置き換える 再クラスタリングします 黄緑が赤を少し奪い 黄色が黄緑を少し奪いました ステップ7 2 またまた重心を計算する 黄緑の重心が さらに右に移動しました ステップ8 3 またまた色を置き換える 黄緑がさらに右方向に勢力を拡大しています それに伴い 左の方の陣地は 黄色や青色に奪われています 最後 9 変化がなくなった さらに何ステップか経過させた結果 ここで終了しました 最終的に黄緑は右上の点を占領したようです 全ての点が一番近い重心に属していて 重心の位置も変化しない状態です それらしく色分けできているのが分かります まとめ K means 法は単純な仕組みで動いていることが分かりました 単純だからこそ 色んな改良をしやすいんでしょうね ソースコードは少し長いので http tech nitoyon com misc swf KMeans as に置いています 集合知プログラミング

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2009/04/09/kmeans-visualise/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Keynote-like cube transition by FIVe3D - TECH-NI Blog
    package import flash display import flash events Event import flash events MouseEvent import flash utils setInterval import five3D display import caurina transitions Tweener public class Five3dCubeEffect extends Sprite private const WIDTH int 400 private const HEIGHT int 267 Embed source 1 jpg private var Image1 Class Embed source 2 jpg private var Image2 Class Embed source 3 jpg private var Image3 Class private var isCube int 1 public function Five3dCubeEffect stage scaleMode noScale stage align TL var images Array images push new Image1 images push new Image2 images push new Image3 addChild images 0 var index int 0 setInterval function void isCube Math random 0 5 1 1 transition images index images index 1 images length index index 1 images length 3500 private function transition bmp1 Bitmap bmp2 Bitmap void var scene Scene3D new Scene3D scene x WIDTH 2 scene y HEIGHT 2 addChild scene var box Sprite3D new Sprite3D box z isCube WIDTH 2 scene addChild box var img2 Bitmap3D new Bitmap3D bmp2 bitmapData box addChild img2 img2 x WIDTH 2 img2 y HEIGHT 2 img2 z isCube WIDTH 2 img2 rotationY isCube 90 var img1 Bitmap3D new Bitmap3D bmp1 bitmapData box addChild img1 img1 x WIDTH 2 img1

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/en/blog/2008/05/12/keynote-like-cube-transition/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive



  •