archive-com.com » COM » N » NITOYON.COM

Total: 757

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • IEerBug - IE6 用デバッグ コンソール
    を読み込みます script src ieerbug js script JavaScript のソースの中で コンソール出力用のコードを記述します たとえば 次のように書くと console debug test console debug value is d s i s console debug debug object o x 3 y 2 console info document console assert a 次のように出力されます object Object をクリックすると オブジェクトの中身が表示されます document をクリックしても同じように document オブジェクトの中身を覗くことができます 主な特徴 FireBug のログ出力用関数 を利用できます HTML には IFRAME ノードを1つ作成するだけで 元の HTML ファイルや CSS を汚しません JavaScript のグローバル ネームスペースには IEerBug console という2つの関数しか作成しません IEerBug を利用するためにライブラリは必要ありませんし どんな JavaScript のライブラリとも共存できます Internet Explorer 6 0 および Mozilla FireFox 1 5 で動きます Demo こちらをどうぞ ダウンロード 公開 バージョン 2006 09 30 ieerbug 0 2 zip 2006 08 28 ieerbug 0 1 zip IEerBug のライセンスは Mozilla Public License Version 1 1 とします これは FireBug が MPL であり IEerBug のほとんどのソースは FireBug を参照しているためです この場を借りて FireBug の作者である Joe Hewitt 氏に感謝を申し上げます ドキュメント IEerbBug の読み込み時 次のようなパラメータを与えることで IEerBug の設定を行うことができます script src ieerbug js x 50 y 200 script パラメータは次のようなものがあります name value default value showJSErrors IEerBug のコンソールに JavaScript のエラーを表示するかを決定します true stopJSErrors true に設定すると ブラウザ デフォルトのエラーダイアログは表示されなくなります true x IEerBug のウインドウが表示される場所です 50 y 同上 200 width IEerBug のウインドウの横幅です 500 height IEerBug のウインドウの縦幅です 250 debug デフォルトでは IEerBug は console オブジェクトが定義されている場合は機能しません これは FireBug がインストールされているときには IEerBug が動作しないようにするためです debug が true の場合は FireBug がインストールされていたとしても IEerBug は必ず起動します console オブジェクトは上書きされるため コンソール出力は FireBug ではなく IEerBug に行われます false FAQ Opera や

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/javascript/application/ieerbug/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • うちの年賀状2009 - てっく煮ブログ
    会社の年賀状 も公開されてるのでぜひ見てやってください 左から2番目が私です こっちは弊社が誇るデザイナーの力作です Tweet 2009年01月07日 編集履歴 年賀状 はてブ年鑑 2008年分 Alchemy で AS3 の Array を動的生成する Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus About Profile nitoyon にとよん 京都のベンチャー会社勤務 プログラマ たまに趣味でデザイン 詳細 Subscribe twitter

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2009/01/07/nenga/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • うちの年賀状2010 - てっく煮ブログ
    縁起はいい感じになりました ネタ元の絵 を Illustrator でトレースして そのあとにトラの帽子と尻尾を追加してるので微妙に手間はかかってます 今年もよろしくお願いいたします Tweet 2010年01月08日 編集履歴 年賀状 今年まとめ 自己満足 パーフェクトシャッフルは何回で元に戻るか AS3版 Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus About Profile nitoyon にとよん 京都のベンチャー会社勤務 プログラマ たまに趣味でデザイン 詳細 Subscribe twitter nitoyon

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2010/01/08/nenga/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • うちの年賀状2011 - てっく煮ブログ
    めでたくなるように背景をそれっぽく作っていく バランスを考えて文字は上側に移動してみた おわり おわり あとは印刷するだけ Tweet 2011年01月11日 編集履歴 年賀状 関連する記事 うちの年賀状2010 うちの年賀状2009 Google App Engine の Interactive Console で Ctrl Enter で実行させる Bing の日替わり背景画像の集客効果がすごいかもしれない件 Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus About Profile

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2011/01/11/nenga/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • うちの年賀状2012 - てっく煮ブログ
    1年前の twitter や facebook の書き込みがメールで送られてくる timehop というサービスもあるようです 娘が生まれて 自分の親との会話も増えてきました そんな中 自分が子どもの頃はどうだったのか を聞く機会も多く 娘の成長と一緒に自分の人生を最初から振り返っているような感覚があります 以上 1年前を振り返るだけでは物足りなくなっていたら いつのまにか30年前を振り返るツールができあがっていた という話でした Tweet 2012年01月10日 編集履歴 年賀状 関連する記事 うちの年賀状2011 うちの年賀状2010 うちの年賀状2009 Boost の定番機能はこれだ もし100万人のフォロワーを持つ有名人にサイトを紹介されたら Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2012/01/10/nenga/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • うちの年賀状2013 - てっく煮ブログ
    データが残っていたのが驚き 今年もよろしくおねがいします Tweet 2013年01月08日 編集履歴 年賀状 関連する記事 うちの年賀状2012 うちの年賀状2011 うちの年賀状2010 うちの年賀状2009 Jekyll の 0 12 0 でシンタックス ハイライトが便利になった GitHub で clone するときは SSH じゃなく HTTP を使ったほうが高速 Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2013/01/08/nenga/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • タグ一覧 - てっく煮ブログ
    Box2d C C Context Free CraftLaunch3 CSS Facebook Flash Flex ゲーム getlasterror Git Go Google Google Maps はてブ年鑑 はてな HTML5 iPhone JavaScript Jekyll jQuery 生活 Lightroom Lisp LiveReloadX 数学 動画 年賀状 ネタ Node js Perl PotrAs 発表資料 Processing Python 作った Ruby セキュリティー Silverlight 勉強会 tamarin てっく煮 Twitter UNIX ビジュアライズ Web デザイン Web フォント Win32 Windows WPF WSH Yahoo Pipes About Profile nitoyon にとよん 京都のベンチャー会社勤務 プログラマ たまに趣味でデザイン 詳細 Subscribe twitter nitoyon

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/tags/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Node.js 0.12 では yield が使えるのでコールバック地獄にサヨナラできる話 - てっく煮ブログ
    コールバックが 2 つもあるわけです 処理が 2 つならまだいいけど 10 個並んだとすると 見るも無残な地獄絵図の完成です 逐次的に書きたい といっても Node js には fs readdirSync や fs readFileSync といった同期処理をする関数も用意されておりますが コールバック地獄を再現するために あえて非同期版を使っております Deferred にすがりつく こういうコールバック地獄から逃げるための今までの定石は Deferred だったわけです jQuery にも実装されてるアレです Node js で Deferred といえば Q が有名らしいので Q を使って書き直してみました var fs require fs var Q require q Q nfcall fs readdir then function files return Q nfcall fs readFile files 0 utf 8 then function data console log data done 確かにコールバックの階層は押さえられたのですが かえって読みにくくなったようにも感じます Deferred をマスターしてしまえば極楽なのかもしれませんが Deferred は学習コストがそこそこ高いと思うわけです また コードもいまいちすっきりしません then でコールバックを繋げるために deferred を返しているのが 何とも読みにくい構造になっています Deferred にすがりつくと 一見 幸せになりそうなんだけど 数ヶ月後にソースを読んだときに ただのコールバック地獄よりも一層深い奈落の底に叩き落される恐れすらあるわけです yield の恩恵を体験する で yield です 生で yield を扱うのは面倒なので ライブラリーの力を借りましょう Node js 界で数々の著名モジュールを作ってる TJ Holowaychuk visionmedia さんが さっそく yield を活用するための co というモジュールを作ってるので使わせてもらいます こうなるんだぜ var co require co var fs require fs co function var files yield co wrap fs readdir var data yield co wrap fs readFile files 0 utf 8 console log data 追記 2015 12 01 上記のコードは co バージョン 0 5 の場合の例です バージョン 4 0 では promise を使うように大幅に設計変更されています バージョン 4 0 でのコード例は mpyw さんのコメント をご覧ください 同期処理っぽく書いていますが 実はコールバック地獄版と同じ処理になっています それぞれの処理で失敗したときには例外が飛ぶので エラー処理もばっちりです ああ 幸せですね 夢が広がりんぐです いままで面倒だった非同期処理がとっても気楽に書けるのであります C の await みたいなことができます あ いちおう細かな点について触れときます 上のソースを実行するには Node js の Nightlies builds から v0 11 のバイナリーを拾ってきて node harmony generators foo js として実行する必要がある co の最新のソース co 5bd0169 は 48 行目の gen send res でエラーになるので gen next res に書き換える必要がある yield について簡単に説明するよ いちおう yield が何か という話を簡単に触れておきます 詳しくは harmony generators ES Wiki を見てください ちょっと情報が古いようですが シンプルな例を書いてみました function N console log start yield 1 console log after 1 yield 2 console log after 2 return 3 まず yield を使う関数は function ではなく function で宣言します Firefox の先行実装と少し違います で この関数を呼んでみます var g N console log g function な関数を呼んでも 関数の処理は始まりません 変わりに関数の処理を開始させるためのジェネレーターが返ってきます では ジェネレーターを使ってみましょう ジェネレーターの next を呼ぶと 関数の処理を開始できます console log g next start value 1 done false yield は return みたいなもので戻り値を返します ここでは 戻り値の 1 が value として返ってきています yield と return の違い それは yield は続きから処理を再開できるところにあります そう g next を呼べばね console

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2013/06/27/node-yield/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive



  •