archive-com.com » COM » N » NITOYON.COM

Total: 757

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • Kanasan.JS(prototype.js 読書会)に参加した - てっく煮ブログ
    K x y x Prototype K は次のように定義されている K function x return x これって I コンビネータ だよね というツッコミが入った K conbinator と I conbinator を JavaScript で実装するとこうなるのかな I function x return x K function x return function return x 感想 以下 感想 参加者方々のポテンシャルの高さに唖然としてしまった JavaScript 初心者といっても 他の言語の上級者が多かったようで Perl の と一緒だね とか Ruby の だ とか Lisp だと だよね といった会話が飛び交ってる 自分は prototype js 1 4 1 を使ったこともあるので 開始時点では知ってる部類に入っていたはずなのに 気づいたら会話を理解するのに必死になってきた レベル高いなぁ 今までは 動くものが書ければいいや 派だったんだけど 反省してもっと言語の深いところまで知っていかなきゃな

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2007/11/05/kanasan-js1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • JavaScript の角丸ライブラリまとめ - てっく煮ブログ
    border 指定可能 背景画像への対応不明 CSS セレクタは mootools の getElementsBySelector との組み合わせにより 一部 可能 RUZEE Borders サンプルは RUZEE Bordersのサイト全体 角丸だけでなく 影付き アンチエイリアス というよりも ぼかし 光彩が可能 18KB 角 影 ぼかし 光彩のサイズが自由自在 複数の効果を同時に適用可能 border 背景画像にも対応 付属の cssquery2 p js 6KB と併用することで CSS セレクタでの指定可能 cssQuery を使用しない場合は ID のみでの指定 まとめ 名前 機能 手軽さ Nifty Cube サイズ固定 試すには一番手ごろ transcorners サイズ可変 mootools必須 RUZEE Borders 影 ぼかし 光彩 ファイルサイズと表示の重さにやや難 手軽に試すには Nifty Cube 機能を求めるなら RUZEE Borders mootools を使ってるなら transcorners 追記 curvyCorners

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2006/12/02/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • prototype.js 1.4.0 の Enumerable.min のバグ - てっく煮ブログ
    result value result value return result バグの原因は each の2回目で if value result value が if 1 0 1 すなわち if true となってしまうところにあるようです prototype js では undefined かどうかを調べるのに 演算子を使ってることが多いのですが 0 や が false になってしまうことに注意しなければならないですね なお この部分のコードは 1 5 0 rc1 で次のように修正されてます min function iterator var result this each function value index value iterator Prototype K value index if result undefined value result result value return result 多くの人が使ってる prototype js 1 4

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2006/11/09/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • IEerBug 公開 - てっく煮ブログ
    FireFox と IE で同じ方法でデバッグできるため 開発効率があがるのではないでしょうか こちらからどうぞ Tweet 2006年08月27日 編集履歴 作った JavaScript TeX ワープロ Google Earth でドライビング 公開 Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus About Profile nitoyon にとよん 京都のベンチャー会社勤務 プログラマ たまに趣味でデザイン 詳細 Subscribe

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2006/08/27/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • JavaScriptでリストビュー - てっく煮ブログ
    これを使えば面白いWebアプリケーションが作れそうだ Ajax ばりばりで 利用するにはGPL必須 嫌ならば金を払え ということらしい さらに 2 0 のサンプル を見るとタブビューやツリービューとかグリッドビューがある リストビューの動的ローディングなんかもある 気になる存在だ Tweet 2005年09月05日 編集履歴 JavaScript ITmedia D Excel でカーソルキーを押すとスクロールしてしまう問題が起こったら Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus About Profile nitoyon にとよん 京都のベンチャー会社勤務

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2005/09/05/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • microsoft.comのポップアップメニュー - てっく煮ブログ
    i for i size i 0 i var rect document createElement div var rs rect style rs position absolute rs left el style posLeft i px rs top el style posTop i px rs width el offsetWidth px rs height el offsetHeight px rs zIndex el style zIndex i rs backgroundColor color var opacity 1 i i 1 rs filter alpha opacity 100 opacity el insertAdjacentElement afterEnd rect global fo

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2004/02/22/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • WSHでキーボードメッセージ送信 - てっく煮ブログ
    Shell の SendKeys を使うとよいらしい 詳しくはこちら http member nifty ne jp aya wsh wsh205 htm Tweet 2004年02月21日 編集履歴 WSH JavaScript 読みが長い漢字 microsoft comのポップアップメニュー Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus About Profile nitoyon にとよん

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2004/02/21/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • grunt-contrib-watch が重いので grunt-este-watch を試したら幸せになった - てっく煮ブログ
    詳しくは Node js の fs watch と fs watchFile の違い をご覧あれ そのため ファイルが増えるに従って CPU の消費も激しくなるのである なんで gaze はわざわざ CPU 負荷が高くなる fs watchFile を利用しているのだろうか それには歴史的な理由があるらしく chokidar README md に fs watch についての愚痴が書いてある Node js の fs watch は Mac でファイル名を報告してくれない Mac で TextMate2 のようなエディターで編集したときに何もイベントが発生しない ときどき 2 重にイベントを報告する 利用価値のない rename イベントしかない 他にもたくさんの問題 がある 日本語訳は私によるもの Node js fs watch Doesn t report filenames on mac Doesn t report events at all when using editors like TextMate2 on mac Sometimes report events twice Has only one non useful event rename Has a lot of other issues どうやって回避したか CPU 負荷が耐えられなくなったので grunt contrib watch を諦めてみることにした 検索して探したところ grunt este watch が便利そうであった grunt este watch README md には次のように書いてあった 公式の grunt contrib watch の問題点は何か 遅い そして バグがある というのも 公式のものは歴史的な理由で fs watchFile と fs watch を組み合わせて使っている Node の 0 9 2 以降では fs watch には問題はない github com steida este では最大限のパフォーマンスと安定性が必要だったので 新しい Node js の file watcher を作る必要があった この watcher は Mac Linux Windows で継続的にテストしている 日本語訳は私によるもの What s wrong with official grunt contrib watch It s slow and buggy because it uses combination fs fileWatch and fs watch for historical reason From Node 0 9 2 fs watch is ok github com steida este Needs maximum performance and stability so that s why I had to create yet another Node js file watcher This watcher is continuously tested on Mac Linux Win platforms この作者が試す限り問題はないようだ 信じて試してみたところ 待機中に CPU を消費しなくなくなった 万歳 設定例 ためしにこのブログのビルド環境に組み込んでみた Gruntfile js がこちら module exports function grunt grunt initConfig pkg grunt file readJSON package json shell jekyll build command jekyll build snip snip esteWatch options dirs posts layouts includes javascript apollo tutorial plugins stylesheets javascripts livereload enabled false function filepath return shell jekyll build grunt este watch の設定は grunt contrib watch とかなり違う点に注意 grunt este watch は監視するディレクトリの一覧を記述する ディレクトリ配下のファイルが変更されたら コールバック関数が呼び出される 自分のコールバック関数では 単純に shell jekyll build と返しているので ファイルが更新されたら grunt は shell jekyll build

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2013/10/10/grunt-watch-slow/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive



  •