archive-com.com » COM » N » NITOYON.COM

Total: 757

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • LiveReloadX 0.2.0 公開! 除外ファイルを指定可能になったよ - てっく煮ブログ
    除外フォルダーやファイルを指定できるようにした たとえば cache フォルダーを監視から除外したいときは livereloadx exclude cache とすればよい また デフォルトでは html shtml css js jpg gif png cgi php など Web 開発に一通り必要そうな拡張子のみを監視するようにした たとえば 追加で ini を編集したときにリロードさせたい場合には livereloadx include ini とすればよい いままで通り すべてのファイルを監視したければ livereloadx include とすればよい include exclude の判定ロジックは rsync の真似をしているので自由度はかなり高い ただ rsync の include exclude ルール自体が複雑怪奇なので それについては rsync の複雑怪奇な exclude と include の適用手順を理解しよう で記事にした Tweet 2013年03月25日 編集履歴 LiveReloadX 関連する記事 ファイル編集したら即ブラウザー再読込させる LiveReloadX を作った Node js CoffeeScript でソースマップを使ってデバッグを楽にする方法 絶対にコピペできない文章を作ったったwwww 段ボール15箱の引っ越し 東京 京都

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2013/03/25/livereloadx0-2-0/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • jQuery 1.9 のソースマップ対応で圧縮版でもデバッグが簡単になった話 - てっく煮ブログ
    7 st event dispatch jquery js 3045 st event add y handle jquery js 2721 jQuery の関数名と 行数が書いてありますね jquery min js しかロードしてないページなのに jquery js の情報が表示 されています ためしに st event dispatch jquery js 3045 をダブルクリックすると jquery js がロードされて 該当する場所を表示できました 圧縮前の jquery js なので 当然 コメントも残っています これはすごい jQuery 1 9 では jquery min js を利用しててもデバッグでは困らないのです ところで これ どういう仕組みで動いてるか気になりませんか 気になる人は続きをお読みください ソースマップとは何ぞや jQuery 1 9 からの jquery min js には 最後の行に次のようなコメントがあります jQuery v1 9 0 省略 function e t 省略 window sourceMappingURL jquery min map sourceMappingURL jquery min map に注目 ソースマップの URL が書いてあります Google Chrome はこの部分を見て ソースマップを読み込んでいたわけですね となると 気になるのが jquery min map の中身 Google CDN には jquery min js と同じディレクトリーに jquery min map が設置してあります 整形して表示してみるとこうなります version 3 file jquery min js sources jquery js names window undefined isArraylike 省略 mappings CAaA SAAWA EAAQC GACnB 省略 jquery js と書いてありますね これを見て Google Chrome は jquery js に行き着いたようです sources が複数指定できることから ソースマップは 複数のソースを結合して圧縮した場合にも対応できそうなフォーマットだと推測できます 問題は mappings なのですが これは 圧縮後の 列目の文字は ソース の 行目の 列目にありますよ という情報を BASE64 VLQ で圧縮したものだそうです 詳しくは Introduction to JavaScript Source Maps HTML5 Rocks に書いてあるので さらに興味がある人は参照してみてください CDN を使わない場合 いい忘れていましたが Google CDN を使わないで自分のサーバーで jquery min js をホスティングする場合は 少し追加の手順が必要になります jquery min js をアップロードする場所に jquery min map と jquery js を置くだけです 簡単ですね jquery min map は jquery の公式サイトでは公開されてないけど http ajax googleapis com ajax libs jquery 1 9 0 jquery min map に置いてあるので 1 9 0 以降のバージョンがリリースされても URL の 1 9 0 の部分を置き換えれば取得できそうです ソースマップを活用しよう さて 便利便利なソースマップなので 自分のプロジェクトでも活用してみたいですよね ソースマップは JavaScript の圧縮はもちろん CoffeeScript HaXe TypeScript JSX などの JavaScript を生成する言語でも出力できるようです さらに CSS 生成で有名な SASS LESS でも活用できるようです 夢が広がったので ソースマップの出力方法を調べてみました JavaScript の圧縮 jQuery が利用している圧縮ツールは UglifyJS です コマンドライン引数に source map を指定すると ソースマップを吐けるようです もう1つの主流な圧縮ツール Closure compiler では create source map foo min map source map format V3 と指定する模様 JavaScript を生成する色々 ぐぐって調べて引っかかった結果をまとめておく CoffeeScript CoffeeScriptRedux を使えば coffee コマンドに source map をつけて吐くことができるようです HaXe haxe コマンドに debug をつけるだけ TypeScript tcs コマンドに sourcemap をつけるだけ JSX enable source map らしい SASS LESS JavaScript よりも

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2013/01/29/jquery-source-map/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • 完・パーフェクトシャッフルは何回で元に戻るか (AS3版) - てっく煮ブログ
    0 CANVAS SIZE CANVAS SIZE graphics endFill addChild canvas canvas x CANVAS SIZE 2 canvas y CANVAS SIZE 2 d 2 canvas filters new BlurFilter 3 3 draw var tween ITween BetweenAS3 parallel BetweenAS3 tween this r 30 null 5 Quint easeOut BetweenAS3 tween this d 160 null 5 Cubic easeOut BetweenAS3 tween this angle 360 null 5 Sine easeIn BetweenAS3 tween canvas y CANVAS SIZE 2 null 5 tween onUpdate draw stage addEventListener click function event Event void tween gotoAndPlay 0 tween play private function draw void var p Point new Point var g Graphics canvas graphics g clear draw lines for var yy int 0 yy SIZE yy var num int yy prev num Number yy g lineStyle 3 new ColorHSV yy 270 SIZE 7 value 7 p x 0 p y num getXY p g moveTo p x p y for var xx int 0 xx NUM xx num getNext num for var i int 0 i POINT PER LINE i var ratio Number i 1 0 POINT PER LINE p x xx ratio p y prev num 1 ratio num ratio getXY p g lineTo p x p y prev num num get next position after

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2010/01/22/perfect-shuffle-visualize3/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • 続・パーフェクトシャッフルは何回で元に戻るか (AS3版) - てっく煮ブログ
    6 private const NUM int 5 private const SIZE int 30 private var msk Sprite public function PerfectShuffleVisualization2 stage scaleMode noScale stage align TL var t TextField new TextField t text Click to play t textColor 0xffffff addChild t x 240 y 240 draw var tween ITween BetweenAS3 parallel BetweenAS3 tween this r 30 null 5 Quint easeOut BetweenAS3 tween this angle 360 d 160 null 5 tween onUpdate draw stage addEventListener click function event Event void if t parent t parent removeChild t tween play filters new BlurFilter 2 2 private function draw void var p Point new Point var g Graphics graphics g clear draw lines for var yy int 0 yy SIZE yy var num int yy g lineStyle 2 new ColorHSV yy 270 SIZE 7 value 7 p x 0 p y num getXY p g moveTo p x p y for var xx int 1 xx NUM xx num getNext num p x xx p y num getXY p g lineTo p x p y get next position after perfect shuffle private function getNext num int int if num SIZE 2 return num 2 1 else return num SIZE 2 2 private function getXY pt

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2010/01/15/perfect-shuffle-visualize2/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Lightroom 4 では 5.1ch の動画は音なしになっちゃう話 - てっく煮ブログ
    ざっくり訳すと次のようになる Lightroom はライセンス上の制限から ドルビー デジタル オーディオの 2ch 以下にのみ対応している そのため ドルビー デジタル オーディオ 5 1ch のファイルを再生すると音なしになるのは 期待通りの動作である ためしに 2ch で録音してみると Lightroom でも再生できた Lightroom 4 2 で試験 5 1ch の音声をステレオに変換する方法 Lightroom が 5 1ch のビデオをサポートしてくれれば一番いいのだけど 現時点では Lightroom で扱いたければステレオ 2ch で動画を撮ったほうがよいだろう 既に 5 1ch で撮っちゃったビデオがある場合は 2ch にダウンコンバートするしかない 各 OS ごとに色んなソフトがあるのだろうけど ここではクロスプラットフォームな ffmpeg でステレオ音声に変換する方法を紹介しておく コマンドラインから次のように実行すればよい ffmpeg i input mts vcodec copy acodec ac3 ac 2 output mts この方法で変換して Lightroom でも音声つきで再生 編集できることを確認している 上のコマンドについて簡単に解説しておく vcodec copy

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2012/12/10/lightroom-5.1ch-mts/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • CraftLaunch 3 を便利にする自作プラグイン6つ - てっく煮ブログ
    url http www ietf org rfc rfc param txt regex re compile w url http twitter com param BTS やメーリングリストの番号をブラウザで開けるようにするとお仕事でも便利 control panel コントロールパネルや管理ツールをコマンド化する プラグイン コントロールパネルや管理ツールのアイテムを開けます ネットワーク接続 を開くには cpl Network と入力 イベント ビューワー を開くには cpl EventViewer と入力 コントロールパネルや管理ツールの各アイテムは日本語版 Windows ではキーボードでアクセスしにくいので キーボード派の人には便利じゃないでしょうか どういうコマンドが登録されるかは ControlCommandList init を見るとだいたい分かると思います cpl を入力するのが面倒な人は prefix とすればプレフィックスなしで登録できますが 不要なものまで登録されて名前空間が汚染されるので嫌な人も多いでしょう そんな人は 後述の misc py の addAlias 関数で別名を登録するほうがお勧めです import misc misc addAlias window u cpl Date Time u ClockSet path plus 相対パス フォルダエイリアスを可能にするプラグイン 登録したコマンドからサブフォルダに移動しやすくなります たとえば マイ ドキュメントを コマンドとして登録しておけば でマイドキュメント以下のファイルが補完で現れる memo txt でマイドキュメント直下の memo txt を開ける のように使えます 同じように デスクトップやダウンロードフォルダを登録しておけば便利です また 実行ファイルを登録したコマンドについても コマンド名のあとに をつけることで 実行ファイルのフォルダ内のファイルを補完してくれます たとえば CraftLaunch コマンドを登録していたとすると CraftLaunch で CraftLaunch インストールフォルダ以下のファイルが補完で現れる CraftLaunch readme txt で CraftLaunch の readme を表示できる といった使い方ができます 相対パス対応としては hoge foo のようにしてファイルを開けるようにしています デフォルトの CraftLaunch では でカレントフォルダ直下のファイルは開けるものの 1階層以上深いファイルは開けないバグがあります これは ShellExecute をするとき 実行するファイルがあるフォルダをカレントディレクトリに設定するのが原因です この挙動自体は絶対パスで指定するときにはうまくいくのですが 相対パスのときは二重に相対化してしまうので 勝手に修正してみました ところで CraftLaunch のカレントフォルダは CraftLaunch のショートカットの 初期フォルダー で指定できます これは Windows の Tips ですね 実装面では commandline Launcher と commandline ExecuteFile をラップして置き換えるというアグレッシブなことをしています 何か予想外の問題を引き起こす可能性があるかもしれませんが 私が日常的に使っている限りは問題は起きていません python console Python のインタラクティブシェルが使えるプラグイン Python が使えるんなら Python のコードの評価も CraftLaunch 上でできるようにしてしまおうというプラグインです を先頭に入力することで Python のインタラクティブ シェルと同等の動作をしてくれます a 1 3 5 a 1 3 5 for i in a print i 1 3 5 すごいことをしてそうですが 標準ライブラリの code InteractiveConsole の機能にほとんどの処理を任せています ただ CraftLaunch ではスペースキーが入力できないようになっているので これを迂回するためのハックを施しています run as administrator 管理者として実行できるプラグイン 管理者として実行させたいコマンドを Ctrl Shift Enter で実行すると 管理者権限で実行してくれます Vista 以降で UAC を有効のまま使っている人には便利です この挙動は Windows

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2011/10/04/craft-launch3-my-plugins/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • C# から IMultiLanguage2::DetectInputCodepage() を使う方法 - てっく煮ブログ
    Encoding encoding DetectEncoding GetFileAsByteArray path Console WriteLine Result 0 encoding EncodingName private byte GetFileAsByteArray string path using FileStream fs new FileStream path FileMode Open FileAccess Read byte bytes new byte fs Length fs Read bytes 0 bytes Length return bytes private Encoding DetectEncoding byte bytes IMultiLanguage2 lang IMultiLanguage2 new MultiLanguage int len bytes Length DetectEncodingInfo info new DetectEncodingInfo int scores 1 bytes to IntPtr GCHandle handle GCHandle Alloc bytes GCHandleType Pinned IntPtr pbytes Marshal UnsafeAddrOfPinnedArrayElement bytes 0 try lang DetectInputCodepage 0 0 pbytes ref len out info ref scores finally if handle IsAllocated handle Free return Encoding GetEncoding int info nCodePage public struct DetectEncodingInfo public UInt32 nLangID public UInt32 nCodePage public Int32 nDocPercent public Int32 nConfidence ComImport Guid 275c23e2 3747 11d0 9fea 00aa003f8646 public class MultiLanguage Guid DCCFC164 2B38 11D2 B7EC 00C04F8F5D9A InterfaceType ComInterfaceType InterfaceIsIUnknown public interface IMultiLanguage2 void GetNumberOfCodePageInfo void GetCodePageInfo void GetFamilyCodePage void EnumCodePages void GetCharsetInfo void IsConvertible void ConvertString void ConvertStringToUnicode void ConvertStringFromUnicode void ConvertStringReset void GetRfc1766FromLcid void GetLcidFromRfc1766 void EnumRfc1766 void GetRfc1766Info void CreateConvertCharset void ConvertStringInIStream void ConvertStringToUnicodeEx void ConvertStringFromUnicodeEx void DetectCodepageInIStream void DetectInputCodepage In UInt32 dwFlag In UInt32 dwPrefWinCodePage In IntPtr pSrcStr In Out ref Int32 pcSrcSize Out out DetectEncodingInfo lpEncoding In Out ref Int32 pnScores void ValidateCodePage void GetCodePageDescription void IsCodePageInstallable void SetMimeDBSource void GetNumberOfScripts void EnumScripts void ValidateCodePageEx WinDbg で COM 呼び出しをブレークする 最後に WinDbg で COM 呼び出しをブレークして調べる方法をまとめておく 同じ方法を使えば COM 呼び出しに限らず Win32 の API でも同じようにブレークできるだろう Visual Studio でもできるかもしれないが 自分の環境ではシンボル読み込みがうまくいかないことが多かったので WinDbg を使うようになった Debugging Tools for Windows がインストールされている前提とする File Symbol File Path で MS のシンボルサーバーを設定されていることを確認 されていないなら次のように設定 C symbols フォルダに保存する場合 SRV C symbols http msdl microsoft com download symbols File Open Executable からデバッグ対象の EXE を開く 開始直後の状態でいったん停止するので ブレークポイントを設定する bu mlang CMultiLanguage2 DetectInputCodepage g と入力するなり F5 を押すなりして EXE の実行を開始する ブレークポイントで止まるので あとは引数を調べる とても簡単ですね 最後の引数を調べるところが面倒だが x86 なら kv で引数をダンプできるし スタックを眺めればなんとかなる 自分の環境は x64 だったので 一部の引数はレジスタに置かれる IMultiLanguage2 DetectInputCodepage のプロトタイプ宣言は次の通り void DetectInputCodepage In UInt32

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2012/03/07/detectinputcodepage-in-cs/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • 文字コードによっては正規表現がエラーになる話 - てっく煮ブログ
    Shift JIS 0xC0 U FF80 HALFWIDTH KATAKANA LETTER TA Shift JIS 0xFF U F8F3 Unassigned 結果として À ÿ は U FF80 U F8F3 の範囲を表してしまうため 範囲として不正となる どのように改善したか 元のソースが ANSI だから コードページによっては変な文字に変換されてしまっていた それならばと BOM 付きで UTF 8 に変換してやった そもそも C で内部表現が Unicode なのに 0xC0 0xFF という正規表現に意味があるのか怪しいところだが そこは見てみぬふりをしておいた pull リクエストして取り込まれた さっそく修正を GitHub へ push して pull リクエストを出してみたところ 無事に本家に取り込まれた 800 Fixed Spelling cs ArgumentException problem by nitoyon for spdr870 gitextensions Pull Request GitHub めでたし

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2012/02/23/regex-encoding/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive



  •