archive-com.com » COM » N » NITOYON.COM

Total: 757

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • Silverlight 2 でちょっとしたアプリケーションをデザイナと作った話 - てっく煮ブログ
    プログラマー側 私 の感想 ブログの方にも書いてますが とても快適に開発することができました いままで HTML とか Flex でストレスに感じていたことをほとんど解消してくれる気がします あと デザイナーさんが Expression Blend を試すところを横で見ていたのですが Photoshop や Illustrator を使える人ならば大きな苦労もなく馴染めるようです ちょっとした操作感の違いはありますが 予想したよりも短い時間で使いこなしている様子に驚きました Adobe も Expression Blend にあたる Flash Catalyst 旧 Thermo を開発中のようですが それまでは Silverlight のほうが開発環境ではリードしているような印象を受けました 少なくとも 今 Flex を使って上のようなゲームを作れ といわれると ムリ って答えてしまいます Tweet 2009年02月06日 編集履歴 Silverlight On Lisp 続き 6章 9章 セキュリティ プログラミングキャンプキャラバン京都2008に行ってみた Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus About Profile nitoyon にとよん

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2009/02/06/silverlight2-trial/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • Fleverlight 勉強会に参加してきた - てっく煮ブログ
    AS3 だけで最初から作り直した よく考えたら Flex で layout absolute すればよかったんだ で 完成品がコレ クリックすると数字が現れる AS3 Tweener で作ってる コーディングはいつもどおり 秀丸 rascut でやった 秀丸のコード補完機能に対する反響が多かったんだけど 秀丸v7 0 の目玉新機能 実際にはまったく使わなかったんだけど ソースは以下に 最初作った MXML のソース すごく投げやりな感じで setTimeout のところが汚い xml version 1 0 Simple example to demonstrate the Image control mx Application xmlns mx http www adobe com 2006 mxml backgroundColor ffffff scaleX 4 scaleY 4 mx Script CDATA import mx controls import flash utils private function clickHandler void var counter int 0 btn enabled false var timerId int setTimeout function void counter var i int Math floor Math random 41 1 show i if counter 10 btn enabled true else setTimeout arguments callee counter 100 100 private function show i int void img1 source img Math floor i 10 png img2 source img i 10 png mx Script mx HBox mx Image id img1 source img 0 png mx Image id img2 source img 0 png mx HBox mx Button id btn label click click clickHandler mx Application 最初から作り直した AS3 のソース package import flash display import caurina transitions Tweener SWF backgroundColor ffffff public class Test2 extends Sprite Embed source img 0 png private var Img0 Class Embed source img 1 png private var Img1 Class Embed source img 2 png private var Img2 Class Embed source img 3 png private var Img3 Class Embed source img 4 png private var Img4 Class Embed source img 5 png private var Img5 Class Embed source img 6 png private var Img6 Class Embed source img 7 png private var Img7 Class Embed source img 8 png private var Img8 Class Embed source img 9 png private var Img9 Class public function Test2 void stage scaleMode noScale stage align TL scaleX scaleY 5 stage addEventListener click function event void while numChildren removeChildAt 0 draw private function draw void var i int

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/07/28/fleverlight1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Fleverlight(Flex+Silverlight)勉強会が開催されるよ - てっく煮ブログ
    Silverlightセッション タイトル未定 3 20 3 40 Flexセッション タイトル未定 3 50 4 20 Flex Silverlight ライトニングトーク 4 20 5 00 FlexとSilverlightで作ってみよう ライブコーディング nitoyon k maru 5 00 5 15 ちょっとした参加型イベント 5 15 5 30 最後の挨拶 アンケート記入 後片付け Flex AIR とか Silverlight などの RIA が軽く注目を浴びてきてますが 3時間で両者を比較しながら概要が分かるという素敵なイベントです 飲み会に参加したら それぞれのコミュニティの 実際のところどうなんよ がわかってさらにお得かも 私は最後の方で Flex を使ってライブコーディングします Silverlight 担当は gihyo jp で 連載 始めよう Silverlight を連載中の丸山さん 当日は火花を散らしながら戦う 予定なのですが なんとお題は当日まで知らされないらしい 全然知らない範囲のことをやることになったら困ってしまいますね 東京から FxUG 主催者の横田さん id sato shi

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/07/21/fleverlight/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • SilverlightとFlashをつなぐ - てっく煮ブログ
    か Flash を選択する もちろん Visual Studio とか C で Web アプリを開発できるのは MS 開発者には魅力的だし Ruby や Python で組めるのも Web 開発者へのアピールになるんだけど いずれにせよ 本格的に使えるのはプレーヤーが普及する数年後になるだろう Adobe の立場から考えると Visual Studio C VB と DLR に言語的なメリットで勝つのは無理なので Silverlight が普及するまでの数年で どれだけ多くの開発者を Flex AIR に引きずり込めるかが勝負になるのかな あとは DRM を理由に Silverlight を採用するサイトが増えるのを避けるために 早く DRM 対応のもろもろを公開していかなきゃね というところか 逆質問への回答 発表者が質問する という暴挙に出たわけですが やさしく教えてもらえました ありがとうございます 忘れないようにメモしておきます CHMのサンプルが動かなかった Silverlight2 0 ではまった話 にて自己解決済み XAMLのサンプルばっかり Silverlight 2 開発のバリエーション にて XAML 相当の内容を JS で作成する方法を解説済み UserControl にタグを複数書いたら動かない UserControl には1つしか含められない 中にコンテナを入れることはできる

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/05/18/silverlight-and-flash/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Silverlight 2 開発のバリエーション - てっく煮ブログ
    Controls Canvas function App this scene Application Current LoadRootVisual new Canvas app xaml App prototype start function var app new App app start LoadRootVisual を呼び出して XAML を読み込んでいる start はあとで拡張するために空にしてある スクリプトのバリエーション まずは スクリプトをいくつかの方法で書き直してみる Silverlight の魅力はなんといっても DLR Dynamic Language Runtime JavaScript だけじゃなく 他の言語でもスクリプトを書ける app py とすれば Python app rb とすれば Ruby のスクリプトとして認識されるようだ app app py Python で書いてみる from System Windows import Application from System Windows Controls import Canvas class App def init self self scene Application Current LoadRootVisual Canvas app xaml def start self pass App start pass というのは空のメソッドを書くための方法 Twitter で教えてもらった ありがたや 実は Python 初体験 インデント狂っただけでエラーになって これが噂の と思った app app rb Ruby で書いてみる include System Windows include System Windows Controls class App def initialize scene Application Current LoadRootVisual Canvas new app xaml end def start end end App new start XAML のバリエーション お次は XAML をいくつかの方法で書き直してみよう 基本形 再掲 Canvas xmlns http schemas microsoft com client 2007 xmlns x http schemas microsoft com winfx 2006 xaml x Class System Windows Controls Canvas Rectangle Canvas Top 50 Width 100 Height 100 Fill Red Canvas Fill プロパティを変形 Fill プロパティに Red という文字列ではなく オブジェクトを渡してみる Canvas xmlns http schemas microsoft com client 2007 xmlns x http schemas microsoft com winfx 2006 xaml x Class System Windows Controls Canvas Rectangle Canvas Top 50 Width 100 Height 100 Rectangle Fill SolidColorBrush Color Red Rectangle Fill Rectangle Canvas クラス名 プロパティ タグの中にオブジェクトをあらわす XML を書く このままだと最初の例を冗長にしたにすぎないが 例えば LinearGradientBrush に書き換えれば グラデーションで塗られるようになる Rectangle をスクリプトで生成 全部 XAML でやろうというサンプルが多くて嫌 スクリプトだけでやる方法を知りたい まずは XAML を空っぽに Canvas xmlns http schemas microsoft com client 2007 xmlns x http schemas microsoft com winfx 2006 xaml x Class System Windows Controls Canvas Canvas Rectangle タグをスクリプトで動的に作成してみた Import System Windows Application Import System Windows Controls Canvas Import System Windows Shapes Rectangle Import System Windows Media Colors SolidColorBrush function App this scene Application Current LoadRootVisual new Canvas app xaml App prototype start function var rect new Rectangle

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/05/16/silverlight-xaml-and-js/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Silverlight2.0 ではまった話 - てっく煮ブログ
    検索してみた 2ch に同じ問題ではまってる人がいた 366 デフォルトの名無しさん 2008 03 07 金 23 59 55 ヘルプの Dynamic Languages in Silverlight 2 に書いてある通りやったのに LoadRootVisual の引数の使い方がおかしいって怒られるぞ IronRuby IronPython でもダメだ ほんとに動くのか 動きません で Silverlight2 Beta1を入れてみた Programmable Life に解決方法を見つけた JScript だと次のように修正する Import System Windows Application Import System Windows Controls Canvas function App this scene Application Current LoadRootVisual new Canvas app xaml やっと動いた 自分は元々 Windows 開発者なので MS のドキュメントは見慣れてるほうだと思うんだけど それでも CHM ファイルのせいで2時間ぐらい苦しめられた もしや と思って Web のドキュメントを参照したら ちゃんと修正されていた http msdn

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/05/15/my-first-silverlight2/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Silverlightを囲む会 in大阪#2 - てっく煮ブログ
    募集中 そろそろ Silverlight も手を出さなきゃな ということで参加してみます 参加LT の枠が1個余ってるらしいので 何か発表してみようと思う 5分なので自己紹介ぐらいだろうけど Silverlight な皆様 よろしくお願いします Tweet 2008年04月23日 編集履歴 勉強会 Silverlight getlasterror so name info を高速化 dispatchEvent をイベントハンドラに Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus About Profile

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/04/23/silverlight-study-meeting2/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Flex の本も Silverlight の本も Blend の本も…盛りだくさん - てっく煮ブログ
    ソフトカバー Amazon のレビューを見る 執筆者は日本語のプログラミング言語 なでしこ テキスト音楽 サクラ でお馴染みの クジラ飛行机 さんです 関連エントリ くじらはんどぶろぐ 祝発売 Adobe Flex 2プロフェッショナルガイド 補足ページ からサンプルコードをダウンロードできます ちょろっとソースを見た感じでは 入門から 各種コントロールの解説に始まり ちょっとしたアプリケーションの作り方 テストツール AS3Unit の使い方 AIR開発 Web サービスの利用などが丁寧に解説されているような予感がします まだ手元に届いてないので確かなことは何もいえませんが ちなみに これとは別件で とある方も Flex の入門書を書いているらしいですよ Flex2 の書籍も少しずつ出揃ってきてますね Blend本 そして WPF の見た目を編集するツールである Blend の解説本も 10月3日に発行されるようです Blend Book ブレンド ブック 作者 セカンドファクトリー 出版社 メーカー 翔泳社 発売日 2007 10 03 メディア 大型本 Amazon のレビューを見る こちらは RIA 案件を数多くこなしてらっしゃるセカンドファクトリーさんが執筆 旭山動物園 の案件などで培ったノウハウが公開されるのでしょうか セカンドファクトリーさんのサイトにて目次が公開されています 本だけでは伝えきれなかったこと Blend Book 発売特集

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2007/09/27/ria-books/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive



  •