archive-com.com » COM » N » NITOYON.COM

Total: 757

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • gihyo.jp 連載2回目 - てっく煮ブログ
    他言語の経験者には分かりやすくなってるはず ただ 初心者にはつらいかも プログラミング初心者は IT でクラスメソッドの吉村さんが連載中の ActionScript入門 がよいかも こっちは 変数とは というところから説明していて ActionScript入門というよりかは プログラミング入門になっていて これはこれで面白い試み うちは Flash っぽい表現の世界をプログラマの人に体験してもらう方向でがんばってみます 後編もご期待ください Tweet 2008年03月20日 編集履歴 ActionScript winQuery ソース バイナリ公開 java ja第六回に行ってみることにした Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/03/20/gihyo2/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • gihyo.jp で ActionScript の連載記事を始めました - てっく煮ブログ
    第1回 無料でFlash作りに挑戦 Flex 3 SDKを導入してみよう が公開されましたので ActionScript 3 0 に興味がある方はよろしければどうぞ JavaScript と比較してみたり ちょっと個性をだしてみました 当初は Flex 2 SDK で執筆していたのですが いざ公開 というタイミングで AIR 1 0 Flex 3 がリリースされ さらには Adobe のサイトから Flex 2 SDK が ダウンロードできなくなってしまい 急遽 Flex 3 で書き直しました そのおかげ で Flex 3 SDK の解説としては たぶん 日本初になったわけで それはそれでよかったのかもしれません Tweet 2008年03月14日 編集履歴 ActionScript AIR AS3 Flex3のクラス相関図ポスターが公開中 Shiubya abc 1 で発表しました avmplus拡張とwinQuery Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/03/14/gihyo-flex3/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • AIR・AS3・Flex3のクラス相関図ポスターが公開中 - てっく煮ブログ
    誰でもダウンロードできるようになってますよ 97MB の巨大 PDF 計5枚の迫力です 四角1つがクラス1つになっていて メソッド プロパティ名が四角の中に列挙されています つまり でかい四角は複雑なクラスというわけ 中でも目を引くのが Flex の UIComponent と ListBase こいつらのせいで Flex が複雑になってるいっても過言ではない 個人的には UIComponent は Sprite を継承すべきじゃなかったと思うんですよね ちなみに Flex2 時代の Flex2 と AS3 のポスターはこちらにあります http flex org download FX2API 01 pdf http www flex org download AS3API 01 pdf チートシートとして手元に置くにはちょっと細かすぎるかもしれませんが暇なときに眺めてみると面白いと思います Tweet 2008年03月12日 編集履歴 Adobe AIR Flex ActionScript ぱくりから始めるデザイン gihyo jp で ActionScript の連載記事を始めました Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/03/12/air-as-flex-poster/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Flex SDK の asc をビルドしてみた - てっく煮ブログ
    ant 1 6 2 export PATH cygdrive c Program Files Java jdk1 5 0 13 bin cygdrive c apache ant 1 6 2 bin PATH ビルド ant clean main 出力 Buildfile build xml clean clean classes javac Compiling 220 source files to N program as flexsdk trunk modules asc build java classes javac 注 一部の入力ファイルは推奨されない API を使用またはオーバーライドしています javac 注 詳細については Xlint deprecation オプションを指定して再コンパイルしてください javac 注 入力ファイルの操作のうち 未チェックまたは安全ではないものがあります javac 注 詳細については Xlint unchecked オプションを指定して再コンパイルしてください jar jar Building jar N program as flexsdk trunk modules asc lib asc jar jar Building MANIFEST only jar N program as flexsdk trunk modules asc lib abcdump jar jar Building jar N program as flexsdk trunk modules asc lib abcdump jar jar Building MANIFEST only jar N program as flexsdk trunk modules asc lib ash jar jar Building jar N program as flexsdk trunk modules asc lib ash jar main BUILD SUCCESSFUL Total time 12 seconds lib フォルダに asc jar が出力されている 確認 1年ほど前に Tamarin と遊んでみた ときのソースコード hoge as 正規表現で grep import avmplus var re RegExp System argv 0 var line while line System readLine if line match re System write line n をビルドしてみる bin asc exe hoge as hoge abc 221 bytes written できた 実行は付属の avmplus

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/03/08/asc-build/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Free Adobe Flex SDK と Open Source Flex SDK - てっく煮ブログ
    Source Flex SDK に含まれていないものには次のようなものがある AIR 実行環境 adt adl Flash Player 他にもいくつかのファイルがあるが これらのファイルは Adobe Add ons for Open Source Flex SDK として別途パッケージングされている つまり Free Adobe Flex SDK Open Source Flex SDK Adobe Add ons for Open Source Flex SDK というわけだ Free Adobe Flex SDK を使う場合 Adobe Adobe product license agreements と Adobe Products Third Party Software Notices に同意しなきゃならんのだけど Open Source Flex SDK を使う限りは MPL の範囲内で自由にできるようだ Adobe product license agreements は長くてよく分からんので OSS

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/03/08/adobe-flex-oss-flex/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Windows で Flex SDK をビルドしてみた - てっく煮ブログ
    にしたらうまくいった source setup sh setup sh Setting default ANT HOME cygdrive c apache ant 1 6 2 setup sh Setting default JAVA HOME cygdrive c j2sdk1 4 2 14 ant や j2sdk が見つからない場合は setup sh setup sh WARNING JAVA HOME does not exist cygdrive c j2sdk1 4 2 14 のように警告がでる この場合 正しい場所に導入するか setup sh のほうをいじって パスを変更するべし 再度 setup sh を叩いて WARNING が出ないことを確認しよう ビルド えいーっ ant q main 出力 ant q main cygpath can t convert empty path echo Building lib swfutils jar echo Building lib swfdump jar javac 注 一部の入力ファイルは推奨されない API を使用またはオーバーライド しています javac 注 詳細については deprecation オプションを指定して再コンパイルし てください echo Building lib fdb jar 中略 echo Compiling frameworks projects flash integration libs FlexComponentBa se swc echo ant main target completed on 03 07 2008 12 45 21 午前 BUILD SUCCESSFUL Total time 3 minutes 5 seconds 中途半端に日本語なのが気持ち悪いが Build and Test Flex SDK Confluence とだいたい同じ出力になった 出力結果 lib フォルダに色々できてる mxmlc jar だけじゃなく mxmlc ja jar 日本語版 まで出力されてたりするのがびっくり ついでに framework swc mx パッケージの下 なんかもコンパイルされてる その辺も含めてビルドするのか テスト実施 ant q checkintests Flash Player が起動して 自動でテストが始まるのが愉快 ant q checkintests cygpath can t convert empty path echo launching player and swf echo compiling checkinapp echo launching player and swf BUILD SUCCESSFUL Total time 37 seconds 途中でプレーヤーを触ると 例外が出ることがある UI のテストなんだから そんなもんか コンパイル bin mxmlc exe Test as 設定ファイル N program as flexsdk trunk frameworks flex config xml をロードし ています N program as flexsdk trunk Test swf 683 bytes mxmlc を使う場合は LF に変換しないとエラーになる うまくいってるか半信半疑 ならば ソースをいじる 世界で1つだけの mxmlc を作る modules compiler src java flex2 tools Compiler java に次のようなソースが The entry point for Mxmlc Note that if you change anything in this method make sure to check Compc Shell and the server s CompileFilter to see if the same change needs to be made there You should also inform the Zorn team of the change param args public static void

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/03/07/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • GIGAZINE に載ってた錯視を検証する - てっく煮ブログ
    s1 x 100 var s2 Sprite createBox s2 x 250 private function createBox Sprite var s Sprite new Sprite drawGrad 0x242424 0x626262 80 80 s graphics s addEventListener mouseDown function event void setChildIndex s numChildren 1 s startDrag s addEventListener mouseUp function event void s stopDrag s buttonMode true s useHandCursor true s y 100 addChild s return s private function drawGrad col1 uint col2 uint w Number h Number

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/02/20/illusion-test/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • BASIC 風に円を書く - てっく煮ブログ
    flash events Event import flash utils setTimeout public class BasicCircle extends Sprite static private const COLOR Array 0x000000 0x2424db 0x6c6cff 0x24ff24 0x48ff6d 0xb62424 0x48ffdb 0xff2424 0xff6d6d 0xdb24db 0xdb6ddb 0x242491 0xdbb648 0xb6b6b6 0xffffff static private const TIMEOUT int 10 public function BasicCircle stage scaleMode noScale var bmd BitmapData new BitmapData 256 192 var bmp Bitmap new Bitmap bmd bmp scaleX bmp scaleY 2 addChild bmp addEventListener complete function event Event void drawCircle bmd 256 Math random 192 Math random 50 Math random 50 COLOR Math floor Math random COLOR length dispatchEvent new Event complete private function drawCircle bmd BitmapData x0 int y0 int r int col uint void var x int r var y int 0 var F int 2 r 3 setTimeout function void if x y dispatchEvent new Event complete else bmd setPixel x0 x y0 y col bmd setPixel x0 x y0 y col bmd setPixel x0 x y0 y col bmd setPixel x0 x y0 y col bmd setPixel x0 y y0 x col bmd setPixel x0 y y0 x col bmd setPixel x0 y y0 x col bmd setPixel x0 y y0 x col if F 0 x F 4 x y F 4 y 2

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/02/12/draw-circle/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive



  •