archive-com.com » COM » N » NITOYON.COM

Total: 757

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • FLASHをプログラムから作成する方法 - てっく煮ブログ
    orgのLinks にいろいろ載ってる サーバーサイドでゴリゴリとFLASH生成したら いろんなことができそうだなぁ Tweet 2004年03月03日 編集履歴 Flash microsoft comのポップアップメニュー ldd Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus About Profile nitoyon にとよん 京都のベンチャー会社勤務 プログラマ たまに趣味でデザイン 詳細 Subscribe twitter nitoyon Facebook ページ RSS Recent

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2004/03/03/p3/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • 読みが長い漢字 - てっく煮ブログ
    long html 某氏に紹介してもらう うしのあゆみがおそい あるきかたがただしくない が一語でかけるとは もう意味不明 これって 本当になんらかの文献で使われているんだろうか Tweet 2004年02月11日 編集履歴 ネタ Windows XP Homeの制限 WSHでキーボードメッセージ送信 Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus About Profile nitoyon にとよん 京都のベンチャー会社勤務 プログラマ たまに趣味でデザイン 詳細 Subscribe

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2004/02/11/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Jekyll のカテゴリーとタグの指定方法 3 パターン - てっく煮ブログ
    複数形 categories tags に文字列を与えると スペース区切りで複数指定できる categories Foo Bar tags Bar Baz この例では カテゴリーは Foo と Bar タグは Bar と Baz の 2 つずつ指定されたものとみなされる つまり この書き方ではスペースを含むカテゴリー名やタグ名は指定できない スペースを含めたいなら 次で紹介する 複数形 配列 で指定する方法を使うのがよい 前述の 単数形 の指定を使ってもよいけど 個数を増やしたときに無駄にハマりそうなので 複数形で統一したほうが分かりやすいと思う 3 複数形に配列を指定する 複数形 categories tags に文字列の配列を渡すこともできる categories Foo Bar AA BBB tags Bar Baz AAA 上の指定では カテゴリーは Foo Bar と AA BBB タグは Bar Baz と AAA の 2 つずつが指定されたものと解釈される 名前にスペースやカンマを含めることが可能 次のようにも書けるけど この場合は YAML の制限でカンマを含む名前は指定できない categories Foo Bar AABBB tags Bar Baz AAA 該当箇所のソースを読んでみる ソースを読んだほうが早いかもしれない lib jekyll core ext rb の Hash pluralized array を見ればよい この関数が self data pluralized array tag tags のように呼ばれる class Hash Read array from the supplied hash favouring the singular key and then the plural key and handling any nil entries hash the hash to read from singular key the singular key plural key the singular key Returns an array def pluralized array singular key plural key hash self if hash has key singular key array hash singular key if hash singular key elsif hash has key plural key case hash plural key when String array hash plural key split when Array array hash plural key compact end end array end singular が単数形 plural が複数形 ビルトインの Hash にメソッドを追加するあたりがなんともアグレッシブ まとめ 親切な計らいのおかげで かえって悩むことが増えそうにも思える不思議な仕様

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2013/04/17/jekyll-pluralize/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • ブログのタグ機能が復活したよ - てっく煮ブログ
    categories rb を参考にしつつ 日本語タグだけど URL は英語 複数ブログ対応 といったあたりを実現するために いろいろと手をいれてカスタマイズしています 詳しくは tags rb tag filter rb config yml あたりを見れば雰囲気が分かると思います この後の野望 このあとやってみたいことは サイト内検索 あると便利なのは間違いないし 検索向け AdSense というのがあるらしい サムネール 各記事にサムネールを設定して それを利用したデザインになると嬉しい Web フォント フラットなデザインが流行しつつあるので Web フォントを使ったアイコンの利用率も増えてきそう 2 カラム化 スクロールすると固定するカラムには興味ある せっかく 1 カラム化したのだけど Jekyll 1 0 対応 いつのまにか正式版が出ていたらしい 何が便利になったのか まだ追えていない そんなことより もっと頻繁に記事を書けよ という感じではありますが Tweet 2013年06月17日 編集履歴 てっく煮 Jekyll 関連する記事 Jekyll のカテゴリーとタグの指定方法 3 パターン Jekyll の 0 12 0 でシンタックス ハイライトが便利になった Ruby の Liquid でテンプレートに値を渡すパターン4つ

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2013/06/17/blog-tag/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • 静的サイトで JS/CSS のキャッシュを防ぎつつレポジトリをキレイに保つ - てっく煮ブログ
    を生成すれば万事解決しそうです しかし もう一点 悩みどころがあります GitHub 上に生成結果の HTML をコミットしている 俺の最強ブログ システムが火を噴くぜ でも書きましたが このサイトでは Jekyll でビルドした生成結果を GitHub 上に html ブランチ としてコミットしています その理由は次の通りです 生成結果の HTML についても差分を管理したい 何か修正をしたときに変な差分が発生していないかを git diff で確認できる 任意の時点のサイトの生成結果を 再ビルドを行うことなく 知ることができる サーバー側では html ブランチに追従するだけでデプロイが完了する サーバー側にビルド環境を整えなくてよい 生成処理はけっこう重いので 格安レンタルサーバーでは 時間がかかるプロセスが殺される可能性がある さて 前述の方法で キャッシュ問題 に対処するには JavaScript や CSS を更新するたびに HTML を書き換えることになります たとえば JavaScript の更新 をしたとすると そのスクリプトを利用する すべての HTML を更新 することになります このサイトに限っていえば 数百ある過去記事のすべての HTML が一緒に更新されます 論理的には JavaScript を 1 回書き換えた だけなのに レポジトリ上で数百の HTML ファイルが一緒にコミットされます HTML

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2012/10/15/static-site-js-css-cache/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • 暫定で「はてなブログ」に移転した - てっく煮ブログ
    にリダイレクトさせたと思います そうすれば 後述する 次の移転 で URL が変わることはないので よりハッピーだったでしょう 移転先を新しいサブドメイン名にしてもよかったのですが tech nitoyon com というドメインに思い入れがあるので仕方ありません もう 1 つ ひどい方法として リダイレクトのためだけに はてなブログ の有料プランを使う方法も考えられます 移転するリダイレクトの設定だけしておいて DNS の向き先を はてなブログ にしない という作戦も考えられたのですが そもそも動くのか分からないです はてなブログでリダイレクト先が存在しないなら xxxx hatenablog com にリダイレクト先を変えるような実装をしているかもしれない 実際 ドメインの確認ができてない時点で xxxx hatenablog com にアクセスしても 独自ドメインに転送してくれない 何よりも せっかく有料プランにするので すこし試してみたい気持ちもありました ということで いったん はてなブログ に引っ越すことにしました すぐにやってくる次の移転計画 このあとの計画は次のようになります Google の検索結果が新 URL tech2 nitoyon com になるまでじっと待つ 自分のサーバーで tech nitoyon com に移転先のコンテンツを準備する 自分のサーバーで tech2 nitoyon com を tech nitoyon com にリダイレクトするように設定する tech2

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2012/08/27/hatena-blog/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • DISQUS へのコメントのインポートが意外に面倒 - てっく煮ブログ
    を書けば 両方のブログから DISQUS にインポートできるはずだ インポート 待ち時間の罠 そんなわけで せっせとスクリプトを 書いた ただし MovableType フォーマットには URL が含まれていないので 手動で XML に追記した 英語ブログには 2 つの記事にしかコメントがついてないので まずはこれでよい 日本語ブログをインポートするときには 自動化で悩むことにする ためしにインポートしてみたら Imports may take up to 24 hours to complete と表示される 日本語訳すると インポート作業は 24 時間かかるかもしれないよ さすがにそんなにかかるわけはないだろう と思ったものの 実際に 1 日ぐらいかかった さらに Importer に遅れが生じていときには 1 日以上待たされることもあった アップロードして 結果が分かるのが 1 日後なのである XML にミスがあって インポートに失敗した場合には 1 日目 アップロード 2 日目 うまくいってなかったことが分かる 修正してアップロード 3 日目 成功していたことが分かる と わずか 1 ミスで 3 日かかってしまうのだ ちなみに 自分のインポートの進捗状況は http import disqus com サービス全体 Importer の動作状況は http status disqus com で確認できるようになっている 何度か繰り返していると 運がいいと数分以内にインポートが終了したが やはり 1 日待たなければならないこともある Importer の調子次第のようだ コメント フォーマットの CDATA にやられる XML の作成については 基本的に DISQUS Custom XML Import Format に従えばいい たとえばコメント本文は comment body use cdata html allowed though will be formatted to DISQUS specs wp comment content CDATA Hello world wp comment content のような形式で書くことになっている 仕様を読んだつもりであったのだが CDATA を使え を見逃していた つまり 本当は CDATA を使って wp comment content CDATA I m nitoyon wp comment content と書くべきところを wp comment content I apos m nitoyon wp comment content としていた まっとうな XML パーサーを使っていれば apos はシングルクオートになるはずなのだが インポート結果を見てみると I aposm nitoyon となっていた インポート後にコメントを編集はできるのだが コメントの末尾に Edited by a moderator と表示されてしまう これでは印象が悪いので 結局最初からやり直すことにした やりなおしすると 当然 1 日待たねばならない メールアドレスにやられる メールアドレスの設定にも罠があった 仕様によると wp comment author email を手動で設定する場合はユーザーごとに一意になるようにしなければならない そうしないと 同じ名前が表示されてしまう DISQUS Custom XML Import Format とある 手動で設定せずに 空欄にしておけばよいと思っていた

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2012/07/31/disqus-comment-import/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • 英語ブログを新調した話と移転計画 - てっく煮ブログ
    はてなダイアリーは DOCTYPE が互換モードになっている つまり IE9 で CSS3 が有効にならない はてなブログも気にはなるんだけど もう一回最初から進化に付き合う気にはなれない システムの制約で新しいことを試せないのが悲しい スマートフォン版のデザインをカスタマイズできない いま流行のレスポンシブ Web デザインをやってみたい AdSense の位置をいろいろ試してみたい コピペできない文章のすぐ下に AdSense 置いたら普段の倍ぐらいの RPM 収益 PV になって驚いた そのあたりのノウハウも身につけてみたい どうせ移転するなら過去の記事も全部移動させたい しかし 数百件の過去記事を手で Markdown に変換するのは嫌だ そこで Ruby で はてな記法 を扱える hparser を組み込もうとしている ただ 自分が使ってる記法がサポートされていないものがあったので hparser 本体にも手を入れたりして なかなかの大作業になっている やっかいなのが twitter 記法と amazon 記法 この 2 つについては Web サービスへのリクエストが必要になるので リクエスト結果をキャッシュする仕組みもほしくなる また Jekyll で数百の記事をパブリッシュすると完了までに時間がかかりすぎるので ここにも何らかのキャッシュが必要になる コメントの扱いも難しい 静的コンテンツなので facebook なり DISQUS を使うことになるんだろうか このあたりの外部サービスによって変化する空気感も気になる 以上のように 最近 はてなダイアリーの劣化コピーを作りにいそしんでいる こうやって一つ一つ作業をこなしていると はてなダイアリーがいかに便利だったかをあらためて実感することにもなる 奮闘中の様子は

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2012/06/27/english-blog-renewal/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive



  •