archive-com.com » COM » N » NITOYON.COM

Total: 757

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 幕末古写真ジェネレータをハックする - てっく煮ブログ
    です URL を入力して ボタンを押すと幕末写真化されますよ かなり本家に近くなった気のではないでしょうか アルファチャンネルの扱いがオリジナルと違うけど それは Flash の制限上 やむなし 本家に比べて何がすごいかというと クライアント側だけで画像加工しているので高速です 即座に試せます 大きな写真を表示させたい場合は 特設ページ 最速幕末古写真ジェネレータ からどうぞ ソースコード ソースは以下に 120行 package import flash display import flash text import flash events import flash filters import flash net import flash filters ColorMatrixFilter SWF backgroundColor ffffff public class Bakumatsu extends Sprite Embed source BakumatsuTexture jpg private var Texture Class private var canvas Sprite public function Bakumatsu stage scaleMode noScale stage align TL 入力欄 var tf TextField new TextField tf border true tf text http tech nitoyon com img title blog jpg tf type input tf width 380 tf height 22 tf x tf y 5 addChild tf ボタン var button Sprite new Sprite button graphics beginFill 0xcccccc button graphics drawRect 0 0 50 22 button graphics endFill button filters new BevelFilter 2 45 0xffffff 0 5 0x000000 0 5 button mouseChildren false var label TextField new TextField label width 50 label height 22 label htmlText p align center 幕末化 p button addChild label button buttonMode true button x 395 button y 5 addChild button キャンバス canvas new Sprite canvas x 5 canvas y 35 addChild canvas button addEventListener click function event Event void var loader Loader new Loader loader contentLoaderInfo addEventListener Event COMPLETE completeHandler loader contentLoaderInfo addEventListener ioError ioErrorHandler var req URLRequest new URLRequest tf text loader load req showMsg Loading button dispatchEvent new Event click private function completeHandler event Event void var li LoaderInfo event currentTarget as LoaderInfo var loader Loader li loader bakumatsuNize loader private function ioErrorHandler event Event void showMsg Not found private function showMsg msg String void var tf TextField new TextField tf htmlText font size 40 msg font tf autoSize left tf selectable false bakumatsuNize tf private function bakumatsuNize img DisplayObject void while canvas numChildren 0 canvas removeChildAt 0 canvas graphics clear canvas addChild img var f ColorMatrixFilter

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/04/07/bakumatsu-hack/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • Windows SDK で最も名前が長い定数・関数ベスト6 - てっく煮ブログ
    get Outgoing DistributionAllocatedBandwidth 文字数 77 所属ファイル wmsserver h やっと関数宣言の登場です COM 関係はどうしても長くなりますね はい 第5位 CRYPTNET PRE FETCH MIN BEFORE NEXT UPDATE PRE FETCH PERIOD SECONDS VALUE NAME 文字数 77 所属ファイル WinCrypt h 貫禄の WinCrypt h です 第6位 PFN WEBHOST LISTENER APPLICATION POOL CAN OPEN NEW LISTENER CHANNEL INSTANCE 文字数 76 所属ファイル listeneradapter h 実は 1位 5位までは Undocumented な定数 関数でした ここにきて やっと MSDN に記述がある定数が登場しました IIS 7 0 WEBHOST LISTENER CALLBACKS Structure に書いてあります

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/06/29/winsdk-longest-name/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • scale dotsBox addChild dot dot lighting false initLighting private function initLighting void displayingDots prevLine processingSentence candidate for var i int 0 i X SIZE Y SIZE i dots i lighting false private function enterFrameHandler e Event void è ç ºå ç ä ã ã ã ã ã ã ªã ã ªã ã ã ã candidate ã ã å ã å ºã if processingSentence length 0 if candidate length 0 return processingSentence candidate shift candidate push processingSentence slice å¾ ã ã æ ã for var i int 0 i Y SIZE Y SIZE 2 i processingSentence push false å è 2æ å ç ºã ã ç ¹ç ç æ ã å æ ã ã ã ã ã ã 㠪㠹ã ã æ æ ã ã for i 0 i Y SIZE i var c Boolean processingSentence i if prevLine i c displayingDots unshift new DiffDot X SIZE i false else if prevLine i c displayingDots unshift new DiffDot X SIZE i true prevLine i c processingSentence splice 0 Y SIZE ç ¹ç ç æ ã å æ ã ã var len int displayingDots length for i 0 i len i var d DiffDot displayingDots i d x if d x 0 break dots d x Y SIZE d y lighting d lighting displayingDots splice i public function traceLetter letter String Array var fontSize int Y SIZE 2 var tf TextFormat new TextFormat tf size fontSize var text TextField new TextField text defaultTextFormat tf text autoSize left text text letter We have to use threshold method to binarize because Mac OS draws antialiased text var bmdtmp BitmapData new BitmapData fontSize letter length Y SIZE 1 2 true 0xffffffff var bitmapdata BitmapData bmdtmp clone bmdtmp draw text bitmapdata threshold bmdtmp bmdtmp rect new Point 0xffdddddd 0xff000000 getBounds var rect Rectangle bitmapdata getColorBoundsRect

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/marubiru/Marubiru.as (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • 0x000000 text ã ã ã ã ã ½ã size 30 scale 2 5 color 0xff0000 text 15 00ï½ 16 00 n 6 7 size 30 scale 2 5 color 0x000000 text æ å ã è ç º nï¼ nã ã ã ã ¼ã ã ã ³ size 30 scale 2 5 color 0xff0000 text 16 00ï½ 17 00 n 7 7 size 30 scale 2 5 color 0x000000 text RSSèª ã è¾¼ã size 30 scale 4 4 color 0xffffff lineColor 0x003399 text Thank nyou private var index int 0 private var so SharedObject private var typingNumber int public function Slide stage align TL stage scaleMode showAll so SharedObject getLocal marubiru slide index so data index stage addEventListener keyDown keyDownHandler setTimeout function void show 0 private function keyDownHandler event KeyboardEvent void switch event keyCode case Keyboard RIGHT next break case Keyboard LEFT prev break case Keyboard ENTER if typingNumber 1 index typingNumber show break if 48 0 index show private function next void if index page length 1 index show index private function show index int 1 void if index 1 index this index index Math max 0 index index Math min index page length 1 so data index index so flush clear if page index title createTitle else if page index image createImage index else createText index private function createText index int void var w int loaderInfo width var h int loaderInfo height var text String page index text var size int page index size var scale Number page index scale var color int page index color 0 var lineColor int page index lineColor null page index lineColor color var lines Array text split n for var i int 0 i lines length i var line String lines i var lineSprite Sprite new Sprite var x int 0 var y

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/marubiru/Slide.as (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Takeshi MAX 2007(FxUG+大阪てら子)に飛び入りしてきた - てっく煮ブログ
    とはいえ記述は AS ではなく C ライクな独自言語 今まで別の分野で活躍していた人が流入してきて ますます分業が進むことになるんでしょうか AIF Toolkit は既に npaka さんところで解説されてます 相変わらず素早い AIF Toolkitメモ 他にも シカゴの MAX のまとめ AIR 入門 AIR の導入 できなかった 事例 関連本紹介 などなど 多岐に渡っていて初心者にも中級者にも魅力的な内容になってたと思います hirossy さんの参加者に質問しながら進めるスタイルも面白かった 疑問を共有して解決けるので有意義ですね 自分が発表した内容については あとちょっと手直しして今週中には公開したいところ 関連ブログ Saq Takeshi MAX 2007 Japan 涙 たけしマックス hirossy javaとFlex2と Hi Farm blog ActionScript 3 0 AIR FLEXなどと戯れ合う日々 いろいろ行ってきました 発表内容 いさみんの飄々日記 Tweet 2007年10月22日 編集履歴 Adobe MAX 2007 α 見るものリスト 丸ビルRSSリーダーをリリースしました Please enable JavaScript to view the comments

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2007/10/22/takeshi-max/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • 私のアイデア出しの手法 - てっく煮ブログ
    Maps で鈴鹿サーキット試走 は ゲームの形で Output することでインパクトを与えていた 今回の丸ビルは RSS を電光掲示板を使って Output した ゲームも電光掲示板も身近なもの Google Maps API や RSS という最新の 技術を 身近なものを使って Output してるだけ 他にも 既存のサービスとかアイデアで身近なメディアっぽく見せてるものとしては ざっと思い出しただけで次のようなものがある テレビ Rimo はてブTV 新聞 怪文書作成くん 新聞ブログ プロジェクト 週刊誌 ゴシップ風広告 ゲーム ノベログコンバーター で こういう Output 手法の候補をいろいろ見つけておいて 出勤中とかお風呂の中とか寝るときなんかのちょっとした時間で Output と Input を頭の中でくっつけたり離したりしつつ 面白そうな組み合わせを探すことにしている 大抵はしょうもない組み合わせなんだけど ごくたまに 面白そう という組み合わせが見つかる かもしれない 見つかれば あとは大げさにならない程度に実装するだけ すごい Web サービスになる可能性があるなら 一発ネタで出すのはもったいないので出し方は慎重に Tweet 2007年10月26日 編集履歴 丸ビルRSSリーダーをリリースしました AS3のアニメーション本が出るらしいですよ Please enable JavaScript to view the comments powered

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2007/10/26/how-to-get-the-ideas/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • C++ の std::vector に v += 3, 1, 4 で push_back - てっく煮ブログ
    v size i cout v i endl return 0 おおおおお なんかすごい 普通なら v push back 3 v push back 1 v push back 4 と書かなきゃならないところを v 3 1 4 と書ける 自分の C の常識からするとびっくりするような書き方なのだけど C ではカンマ演算子は一番優先度が低く設定されていて v 3 1 4 という順番で実行されるわけだ 演算子では 戻り値として list inserter クラスが返されていて これのカンマ演算子がオーバーロードされているらしい boostのソースを再現 試しに boost のソースに当たってみたが テンプレート使いまくりで理解が困難だったので このサンプルを動かすのに必要な機能だけを抽出してみた include iostream include vector using namespace std list inserter クラスの定義 template class T class list inserter private std vector T c public list inserter vector T c c c list inserter operator const T r c push back r return this list inserter operator const T t c push back t return this 演算子の定義 template class T inline list inserter T operator std vector T c T v return list inserter T c v operator std vector c T v で vector に対する 演算子を定義している 普通なら vector に push back するだけなんだけど ここで list inserter を作成して返している 結果として 次のカンマで list inserter のカンマ演算子オーバーロードが呼ばれて vector に push back されるというわけだ list inserter を汎用的に 上の list inserter は型を vector に決め打ちしているが 実際の boost のコードは vector だけじゃなく 他のコンテナ map とか queue とか にも対応している どうやってるかというと コンテナに要素を追加するためのクラスが用意されている vector の場合は boost assign detail call push back map の場合は boost assign detail call insert といった具合 list inserter では このクラス経由でコンテナに追加している 上の list

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2007/12/11/boost-asign/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • VC++ ビルドエラー - てっく煮ブログ
    が見つかりません hogedll def warning LNK4002 int stdcall HogeFunc unsigned long int HogeFunc YGHKH Z は Debug main obj で定義されています hogedll def warning LNK4002 public virtual int thiscall A HogeFunc int HogeFunc A UAEHH Z は Debug A obj で定義されています そうか 同じ関数名で複数の実体があると def ファイルでは限界があるのか これって解決できるんだろか こういう場合は declspec dllexport で逃げた方がいいのかな Tweet 2004年01月06日 編集履歴 C chkesp c のアサート APIフックについてまとめておこう Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2004/01/06/p2/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive



  •