archive-com.com » COM » N » NITOYON.COM

Total: 757

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • Flex の Binding 具体例と内部事情の覗き見 - てっく煮ブログ
    でいう onload みたいなものです このなかで init 関数を呼び出して初期化を行います init 関数の中は input1 に対して addEventListener でイベント登録してます input1 の中身に変化があったら onchange 関数に通知してね とお願いしてるわけです ハンドラ onchange 関数 の中では input1 に入力された文字の前に Input text を加えて label1 に表示してます テキストボックスに入力した内容が 即座に表示される という簡単な SWF です データバインディングを使ってみる これを Binding を使って書き直してみるとこうなります xml version 1 0 mx Application xmlns mx http www adobe com 2006 mxml applicationComplete init mx Script private function init void mx Script mx TextInput id input1 mx Label id label1 text Input text input1 text mx Application Flex の Bindable 入門 では 監視したいデータに Bindable をつけましょう と説明しました ここでは input1 の text プロパティを監視したいのですが 実は text プロパティは Bindable がついた状態で定義されています text プロパティは 変更を他に通知する前提で作られている ということです このことはFlex リファレンス ガイドでも確認できます 次は通知を受け取る側です 受け取る側は中括弧をつけて mySlider value のようにやる と説明しました ここでは input1 の text プロパティを label1 の text プロパティに反映させるわけですから mx Label id label1 text Input text input1 text となります いかがでしょう 1箇所だけだとあまり効果ははっきりしませんが 複数個所になってくると効果は歴然です 中括弧の中では関数呼び出しや演算などもできるので 自由度はかなり高いです 技術的に掘り下げてみる ここからはプログラマ向け 中括弧で囲んだ場所では いったいどういうことになってるんでしょうか mxmlc のコンパイルオプションに keep をつけると MXML がどういう ActionScript に変換されているのかを知ることができます MXML のファイル名が test mxml だとすると generated test generated as に MXML の変換結果が出力されます データ変更のイベントを受け取る部分を抜粋してみます private function test bindingsSetup void 中略 var binding Binding binding new mx binding Binding this function String var result Input text input1 text var stringResult String result undefined null String result return stringResult function sourceFunctionReturnValue String void label1 text sourceFunctionReturnValue label1 text bindings

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2007/04/17/binding-example/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • Flex の Bindable 入門 - てっく煮ブログ
    MVC の作り方 でも これってめんどくさい それを解決するために Flex SDK が提供しているのがデータバインディングという仕組み 監視したいデータに Bindable をつける 値が変わったときに自動的にイベントが発行されるようになる データが変わったら変更を反映させたい場所に mySlider value のように中括弧で値を設定する コンポーネントがイベントをハンドリングして 自動的に表示内容が書き換わる これで煩雑なコーディングから開放されて幸せ もちろん 凝ったことをするには限界があるんだけど ほとんどのケースはこれで解決 まとめ 変更を他のコンポーネントに通知したいときに Bindable をつける 変更を受け取る場所には mySlider value のように書く 技術的な視点からは id secondlife さんの mxmlc コンパイラのメタデータタグを利用する Bindable 篇 という記事が詳しいので そちらを参照あれ 2007 4 17 00 30 追記 この説明だけだとイメージがわきにくそうだったので 具体例を書いてみました Tweet 2007年04月16日 編集履歴 Flex FABridge を試してみた Flex 勉強会に行ってきました Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2007/04/16/bindable-intro/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • 飛び出る Google マップを作ってみた - てっく煮ブログ
    お次は ロンドンの ビッグ ベン 複雑な建物の構造が再現されているので なかなかいい立体感だ 平行法 交差法 浮き上がりましたか それなりに立体にみえて面白い 本当はもっといっぱい作りたかったけど 2 個で力尽きた 作る手順はこんな感じ MapsGL の地図で適当な建物を探す 画面をキャプチャする キーボードで左右どちらかに少しずらす もう一枚キャプチャする 2 つの画像を横に並べる ただ 手作業でやるのは面倒だ MapGL 版の Google マップが API から使えるようになったら Google マップ 立体視ビューワー のようなものを作って自動化してみたいところ ただ MapsGL は WebGL 技術を利用していて WebGL は Internet Explorer では利用できないという状況から MapsGL が今後 どういう運命をたどっていくか 先行き不透明ではある Tweet 2012年05月24日 編集履歴 Google Maps 関連する記事 Google がまだ Flash を使っているサービスでみる脱 Flash の難しさ Google Maps API for Flash が廃止 3年でサポート打ち切り Messages for Japan に見る

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2012/05/24/stereoscopic-maps/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • 自動車シミュレーター+Google Maps - てっく煮ブログ
    Maps APIの担当者から連絡きた そうで 確かにここまで作りこんでたら担当者も嬉しくなって 連絡せずにはいられなくなりそう ということで 自分も役に立たないサンプルばっかり作ってないで たまにはまともなものを作りこんでみよう と思った 完成したら公開する Tweet 2008年05月27日 編集履歴 Google Maps Google Maps を Google Earth 風にする すさまじく充実してる IT 勉強会カレンダー Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus About Profile

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/05/27/driving-simulator-gm/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • はてなダイアリーのヘッダに自由に色をつける方法 - てっく煮ブログ
    0 21px 0 height 20px div table 2列目の調整 font size 80 width 100 border 0 border top 3px solid 42b8d4 border bottom 1px dashed ccc margin 0 div table tr td 2列目の背景色を変える background color eee border 0 ヘッダ部分は table タグで実現されてます さらに 2列目の ようこそ〇〇さん の部分は入れ子の table div タグに囲まれてます 要点だけ抜き出したらこんな感じ 上の CSS と見比べると納得していただけるかと table tr 一列目 tr tr 高さ 3px のスペース tr tr td width 100 div align center center table 二列目

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2005/12/14/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Text::Hatena のバグ報告 - てっく煮ブログ
    ul li 1 li ここ ul li 1 1 ul li ここ ul と出力されるのですが ul タグを li で囲う必要ないのでは ここ の部分 事実 はてなダイアリーでは上の li がない状態で出力される 24行目の c htmllines t t li と30行目の c htmllines t t li が不要だと思う ListNode pm の ol と ul の切り替え問題 hoge fuga と書くと hoge 1 fuga のように箇条書きと番号付き箇条書きが出力されてほしいのだけど ul li hoge li fuga ul となる これは 本家はてなダイアリーでも同じ 仕様と言えば仕様か Tweet 2005年11月21日 編集履歴 はてな iPod iTunes iMac に想う はてなダイアリーのヘッダに自由に色をつける方法

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2005/11/21/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • CSS更新 - てっく煮ブログ
    なんとなく前のに飽きたので新しくしてみた 写真は新風館からの夕焼け 今回は 文章が読みやすいスタイルになるよう気を遣ったつもり ついでに日記名も変えてみた Tweet 2004年05月18日 編集履歴 はてな 自己組織化マップmemo 論文検索 Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus About Profile nitoyon にとよん 京都のベンチャー会社勤務 プログラマ たまに趣味でデザイン 詳細 Subscribe twitter nitoyon Facebook ページ RSS Recent

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2004/05/18/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Lightroom で Lua を eval するプラグインを作った - てっく煮ブログ
    local catalog LrApplication activeCatalog local s for i 0 5 do local photos catalog findPhotos searchDesc criteria rating operation value i s s string format Rate d 05d photo s n i photos end return s これを実行すると カタログ中のレーティング別の写真の数を表示できます Rate 0 17920 photo s Rate 1 00033 photo s Rate 2 00023 photo s Rate 3 00013 photo s Rate 4 00004 photo s Rate 5 00010 photo s ただ 標準の edit field でソースを編集するのはあまりに大変なので 外部エディタで編集して 自動的に更新するような仕組みを導入するよう改善したいと思っています github で入手してね github で公開してます nitoyon lua console lightroom plugin GitHub binding がおもしろい Lightroom SDK はだいたい想像通りの構造になってるのですが GUI を公開するポリシーが割り切っていて興味深いです よくあるフレームワーク設計では UI のパーツを表現するクラスが公開されていて そのクラスを組み合わせて addChild なり setText なりするのが普通だと思います けど Lightroom は違います UI 作成後 Lua から UI を直接触ることはできません そのかわり あとから変更 参照したいプロパティには UI 作成時に binding を渡しておきます UI 作成後は binding 経由で UI のプロパティを設定 取得します たとえば ボタンが押されたときのコールバックでは ユーザーの入力した値を binding を利用して知ることができます visible や enable の変更も binding 経由で行います さらに binding には変更時のコールバックを登録できるので 例えば テキストボックスの値を利用者が変更したら通知を受け取る といったことも可能です このような割り切った設計は UI のツリー構造を動的に組み替える必要がなく また UI 側のフレームワークを自前で提供するならありなのかもしれません また Lua では index でテーブルが変更されることを検知できる言語だ というのも重要な要素だといえます Debugging Toolkit for Lightroom 3 SDK が便利 Lightroom プラグインの作り方を探してるときに Debugging Toolkit for Lightroom 3 SDK というものを見つけたんだけど これがなかなか便利 Lua ファイルを再読み込みせずに実行できる って あれ これがあるなら今回つくったプラグインも不要だったのでは Adobe Photoshop Lightroom 3 0 Windows Macintosh版 旧価格品 出版社 メーカー アドビシステムズ 発売日 2010 06 25 メディア CD ROM Amazon のレビューを見る Adobe Photoshop Lightroom 3 0 Windows

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2011/06/28/lightroom-lua-console/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive



  •