archive-com.com » COM » N » NITOYON.COM

Total: 757

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • SNSやBlogもリッチになる。Macromedia CTOインタビュー (ITmedia) - てっく煮ブログ
    デザイナーが作成する見た目にとらわれず アプリケーションの実装を行える点が肝の模様 例えば JavaScript でインタラクティブにしようとすると プログラマはかなりのコードをHTMLの構造に依存してしまうため デザイナーの気まぐれに足を引っ張られることとなってしまうでしょう CSS もデザインと構造を分離すると宣言しててある程度の効果は上げているものの 結局ブラウザのバージョンごとの解釈の違いに悩まされることが多いのが実情です そこで Flash ならプラグインもそれなりにインストールされているし デザイナーは山ほどいるし HTML より表現力は明らかに豊かだし あとはプログラマさえ揃えば素敵なサイトを構築できることでしょう プログラマの視点からすると デザインができあがらなくても仕様さえ定まっていれば開発を開始できそうなのがうれしい 適当なテスト用の GUI を作っておいて そいつを使ってコンポーネントの作成をちゃっちゃとできますよね なんだか XP eXtreme Programming のテストファーストみたい もしくは MVCモデルでいう V と MC の分離も実現している デザインと実装の分離は遙か昔から言われ続けているけど ここに来てやっとそういったことを実現しやすい環境ができつつあるようですね さて MS の XAML Avalon がどれほど対抗できるかがみどころです どのサーバーでも使える分だけ Flash が有利にも思えるけど Tweet 2004年11月01日 編集履歴 JScriptやVBScriptをプログラムから利用する gcc にて gxx personality v0のエラー Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus About Profile

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2004/11/01/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • Cygwin 1.7 をインストールしたら home が変な場所になった話 - てっく煮ブログ
    cygwin etc fstab を見てみると次のような記載があった C Users foo AppData Roaming Microsoft home some fs binary 0 0 setup exe と過去インストールした別ユーザーの存在 なぜか別のユーザー foo さんの AppData の下にリダイレクトされているようだ どうやら 1 5 の設定を引き継ぐために setup exe がレジストリから読み取っているようだ When you upgrade an existing older Cygwin installation to Cygwin 1 7 your old system mount points stored in the HKEY LOCAL MACHINE branch of your registry are read by a script and the etc fstab file is generated

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2011/04/19/cygwin17-home-problem/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Object.freeze() と ECMAScript Harmony - てっく煮ブログ
    や func の両方がプロパティである 1 せっかく MyObj を定義したんだけど ES3 ではプロパティを勝手にいじられる危険性があった delete myObj func myObj func エラー MyObj func is not a function そこで ES3 1 ではオブジェクトを書き換えられないように プロパティを凍結する機能が追加された これが Object freeze だ Object freeze myObj delete myObj func func が削除できない myObj val 10 代入に失敗する myObj func alert foo が実行される myObj val 3 ES3 と属性 Object freeze が何をしているかというと 全てのプロパティの Writable 属性と Flexible 属性を false にして オブジェクトの Extensible 属性も false にしている 属性の概念は ES3 時代にもあった 例えば Object prototype は DontDelete 属性 DontEnum 属性 ReadOnly 属性がついていた つまり delete Object prototype Object prototype foo function が成功しないのは これらの属性が書き換えを禁止してたから ただし ES3 では属性というのはあくまで内部的なもので 外部から属性を変更することも 知るこもできなかった ES3 1 になって 属性を取得 設定するためのメソッドがいくつも追加されている予定になっている Object freeze もそうだし Object defineProperty を使って属性つきでプロパティを定義したり Object getOwnPropertyDescriptor を使ってプロパティの情報を取得したりできる Writable 属性 Flexible 属性 Extensible 属性について一応補足しておく 詳しくは ES3 1 のドラフトを参照あれ プロパティの Writable 属性 プロパティの値を書き換えられるかどうか ES3 の ReadOnly の逆 プロパティの Flexible 属性 プロパティの delete および属性変更ができるかどうか 前者は ES3 の DontDelete の逆 オブジェクトの Extensible 属性 オブジェクトにプロパティを追加できるかどうか つまり Object freeze すると プロパティの追加 変更 削除ができなくなる 属性の変更も許可されないので 一度 freeze すると元に戻せなくなるようだ ES Harmony のクラス定義 では ES Harmony のクラス定義がどうなるか想像してみよう ES Harmony というのは ES3 1 をベースに書き直す新しい ES4 の仕様と解釈して間違いないだろう 先の 日本語訳 の 原文 を見ると クラスは lambda coding と ES3 1 の Object freeze 関連の機能を使って desugar できる classes can desugar to lambda coding Object freeze and friends from ES3 1 ECMAScript Harmony と書いてある lambda coding はたぶん無名関数のことだとしておいて desugar という単語が耳慣れない おそらく syntax sugar の sugar のことだろう de がついているので syntax sugar で導くことができる といった意味合いだろうか ということで もっと言い直すと クラス定義は無名関数と Object freeze 系のメソッドへの Syntax sugar として実装すればよい と言い切ってるように思える 具体的なコードで考えると class Foo var val 3 function func var foo new Foo というクラスは 内部的に var foo val 3 func function Object freeze foo のように置き換えられる ということだろう 一度 freeze してしまえば 属性を変更できないし メソッドの書き換えもできない これはまさしくクラスから生成したインスタンスだ 実行時にメソッドが定義されるので 事前バインディングでもなくなったが その代わりに ES3 1 の機能を使って クラスを書き下したことになる ES4 の仕様はだいぶシンプルになりそうな香りがする 継承は private は ただ この方向性を見て まず 継承がどうなるのか不安になった ES Harmony のドキュメントは harmony harmony ES4 Wiki にあるのだけど 現状 harmony types しかない ここからだけじゃ 情報も少なくて判断しきれないのだけど 型情報を管理するための領域が用意されて 継承関係も紐付けできるようなことが書いてある ただ 名前空間亡き後 private はどのように実現されるかが気になるなぁ クロージャ使って閉じ込めたりするんだろか 雑感 ES3 1 Draft

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/08/19/freeze-es-harmony/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • あまり語られていない Apollo のセキュリティについてまとめてみた - てっく煮ブログ
    インターネット上のファイルから Apollo API 経由でローカル アクセスできてしまう のです HTML 版 Apollo アプリでも SWF 版 Apollo アプリもそうです 図にも描きましたが 1つだけ例外があります SWF 版 Apollo アプリから HTML を表示するときには exposeRuntime というフラグで ロードする HTML にローカル アクセスを認めるか を制御できます しかも デフォルト値は false 認めない と安全側に倒れています Apollo のマニュアル Apollo Documentation Understanding Apollo security Adobe Labs には次のような注意書きが載っています 日本語は意訳 セキュリティ ホールを作らないために一番気をつけなきゃいけないのは 外部のデータを読み取るときだよ 信頼できないページへのリンクを張っちゃダメ 信頼できない SWF をロードしちゃダメ JSON をロードしたら 実行されるかもしれないよ 訳注 JSONP のことかな 外部ソースからのデータを読み取ってファイル書き込みするときは 必ず validate しようね まだα版だから 潜在的な脆弱性つながりそうなところがあったら教えてね つまり 善意のつもりで作ったはずの Apollo アプリが インターネット上の悪意のあるファイルをロードしてしまった段階で 危険な行動をしてしまうかもしれないのです 正式版がでるまでには ローカルアクセスを禁じた上で外部リソースを表示するような仕組みがほしいものです パッケージに含まないファイルをロードするときには デフォルトで安全側に倒れているような設計なら最高です 自作サンプルに紛れていたセキュリティー ホール 恥ずかしながら 先日公開した HTML JS版 Apollo アプリを作ってみる のサンプルにはセキュリティ ホールが紛れていました 簡単な RSS リーダーを作ってみよう という企画だったのですが RSS で取得した URL を Apollo アプリ中で素直に a タグでリンクしてしまっていたのです リンクをクリックした先のページに悪意があれば ローカル ファイルにアクセスができてしまう状態でした 現在は リンクはしないバージョンに修正していますが これじゃ RSS リーダーというよりも ただのヘッドライン リーダーです flash net navigateToURL 関数を使えば ブラウザで開くこともできるのですが サンプルのソースが複雑になるので掲載は諦めました 危険なコードを排除してから表示する といった方法も考えられますが そこまでやるのはさすがに馬鹿馬鹿しい気分です 安全な Sandbox でページを表示するための仕組みの登場が望まれます まとめ まとめるとこうなります Apollo のα版はセキュリティ的には怖い 正式版では改善されるはず でも 結局は他人のアプリをインストールするなら自己責任で Apollo の今後のバージョンにおいて セキュリティ機能がどのように強化されるのか 興味を持って見ていきたいと思います セキュリティ機能が複雑になれば その分 開発の手間が増えてしまうかもしれません しかし このままセキュリティー的にずぶずぶなままリリースされると Apollo 危険という図式ができあがってしまって Active X の二の舞になってしまいかねません 設計にセンスを問われる部分ですが Apollo 開発陣が優秀なことを信じて α版のセキュリティ解説はひとまず終わりにします おまけ サンプル ソース HTML JavaScript 版 Apollo アプリでの危険性テスト Apollo アプリとして利用する HTML body a href http www example com test html test a body サーバーにおいておく HTML script var file runtime flash filesystem File desktopDirectory resolve test txt var stream new runtime flash filesystem FileStream stream open file runtime flash filesystem FileMode WRITE stream writeUTFBytes hello world stream close

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2007/03/27/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Flash CS3 で開発者とデザイナの連携・分業が簡単になりそうだ - てっく煮ブログ
    に変換する機能 いったいどんな機能なのでしょうか Adobe Adobe Flash CS3 Features の動画に変換後のソースコードが映っていたので書き写してみました 分からないところは で省略しています import fl motion Animator var can animation xml XML Motion duration 25 xmlns fl motion Animator source Source frameRate 30 x 16 4 y 138 1 scaleX 1 6 dimensions geom Rectangle left 15 top 7 width 120 dimensions transformationPoint geom Point x 0 5 y 0 49772 transformationPoint Source source Keyframe index 0 tweenSync true filters filters BlurFilter blurX 120 blurY 0 quarity filters Keyframe Keyframe index 1 tweenSync true x 91 85 y 0 009999 filters filters BlurFilter blurX 110 00 filters Keyframe アニメーションの情報が XML 形式で書き出されているのが分かります E4X で直接 can animation xml 変数に XML を流し込んでいます geom Rectangle や geom Point といったタグがあるので SVG や VML みたいに使えるのかと思ったのですが そうではなく 単にアニメーションを行う領域を定義しているだけのようです Keyframe タグでそれぞれのフレーム 24fps なら 1 24秒 での表示方法を指定しています このサンプルは移動しながら blur 値が変わっていくものだったのですが まさにそのような XML になっていますね fl motion Animator というクラスを import しているのも気になりますが いまのところ Animator クラスに関する情報は公表されていません 複雑なアニメーションを ActionScript だけで実現するのは面倒ですが Flash CS3 を使って手軽にアニメーションデータを作れるようになりそうです 開発者がやること デザイナがやること さて 冒頭にも軽く述べましたが 開発者とデザイナの連携方法です 今後 Flash を活用したウェブサービスや Apollo アプリケーションの開発では 開発者とデザイナが連携して開発を進める機会は増えていくでしょう Flash 8 までは お世辞にも共同開発しやすい環境とはいえなかったのですが Flash CS3 ActionScript 3 0 の登場により だいぶ状況は改善してきそうです 今回のアニメーションの AS3 書き出し機能の発表から 1つの連携方法を想像してみました デザイナは全体のパーツとなる部分をそれぞれ SWF や画像で作る 開発者がアニメーションの細かな動きを ActionScript から制御したい場合は デザイナは別途タイムラインアニメーションを XML 形式で書き出す デザイナがアニメーションのパラメータを変更したとしても プログラマが再コンパイルするだけで対応できる アプリケーションの魅力を左右するアニメーション部分をデザイナの管理下に置けるのは大きな利点でしょう これは MVC モデルでいうところの V を完全にデザイナに任せてしまえる ことを意味します さらに Flash 8 までは ActionScript を SWF 化するためには Flash でパブリッシュしなければならなかったのが

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2007/04/04/flash-cs3-review/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • 制約のない世界で自由に羽ばたけるか - てっく煮ブログ
    文字を入力することを求められていると分かる 小さい丸はラジオボタンで 複数の中から1つを選ぶ 小さい四角はチェックボックスで 複数選択ができると分かる Windows を初めて使った人にとって分かりやすいかどうかは別として Windows の標準的なお作法に則っていれば 少なくとも日常的に Windows を使う人にとっては直感的となる それがコモンの正体 Web ページなんかもそう HTML の表現力には限界がある その限界のおかげで Web ページを見ている人にはある程度の 見通し が提供される Web ページの標準的なお作法もある 例えば メニューの位置を変えない とか サイトマップへのリンクは右上だ とか 検索ボックスは設置しよう とか そういうの 真似ではないけど ありがちな形にすれば 分かりやすくなる その辺がしっかり守られていると 見ている人間は 困ったとしてもなんとかなるや という安心感を得られる コモンコントロールや HTML は一種の フレームワーク と言ってもよいかもしれない フレームワークは便利な機能を提供するありがたいものなのだけれど その一方で 一定のお作法を強要する それは悪いことではなくて お作法に則ると見通しがよくなるし 平均点のものを作りやすくなる 制限することで 分かりやすくなる ということだ で Flash サイトや RIA の世界のお話 制約いっぱいの世界に比べて大いに自由 自由なのは素晴らしいことのはずなんだけど 逆に言うと共通語がなくなる 制約のある世界で平均点をたたき出していた人が 落第点のものを作ってしまう危険性がある フレームワークがない世界では フレームワークが担当している部分を決めるところから話が始まる HTML でいうところの どんなタグがあるか というレベルにまで手を出さなきゃいけない チューニングし放題なのは確かなんだけど

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/03/24/free-of-constraints/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • 2008/7/19 行動記録 - てっく煮ブログ
    発表者とその周辺でお昼ご飯へ amachang が何でも質問していたのがパワフルだと思った 知らないことを知られるのを恐れずに何でも質問する姿勢がかっこいい 見習いたい はてなのバックエンドシステムと開発手法 過去と今 歴史を振り返りながらインフラ体制を説明 500人キャパの会場がかなり埋まっていた 追記 300人埋まってた らしい ごはんとFlash準備 1 10 烏丸五条の ワン トゥー テン デザイン さんにて ごはんとFlash おいでやす京都 の直前準備 Web 製作会社ってどこもこんなにオシャレな感じなんでしょか Shibuya js の発表が無事に終わった満足感と ここ1週間の寝不足と祇園祭の疲労で テンションがかなり低めでした すいません 体力回復して ごはんとFlashの本番にそなえる ごはんとFlash さらさ花遊小路 にて とても素敵な会場 雰囲気よし 立食用に壁際に並べられたイス 開始直前 大量のご飯 スタッフは揃いのTシャツを 自腹で 作って着てました こういうの着ると文化祭っぽくてよい 自分もスタッフだったんだけどほとんど何もできず みんながデザインをがんがん出してくるのを横目で見て関心してた ちゃんとデザインできる人ってすげーなー ごはんとコーヒー の看板を無理やりに ごはんとFlash に修正したところ 芸が細かい Flash やってるいろんな人とお話できて楽しかったですよ ごはんとFlash 2次会 朝まで naggggggg さん独演会 疲れていたので26時ぐらいに抜ける 20日 Kanasan js に行きたかったが 結局昼過ぎまで寝る Shibuya js の資料のライブコーディング部分を手直ししてブログにアップして

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/07/22/photo20080719/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Connect Silverlight and Flash
    Click the left rectangle Silverlight to change color of right rectangle Flash source code

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/misc/flash_and_silverlight/demo/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive



  •