archive-com.com » COM » N » NITOYON.COM

Total: 757

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • HTTP_USER_AGENT の入力方法 - てっく煮ブログ
    T T P と押していく A を入力するときには左手小指が使えないので 臨時で左手薬指を使うことにしている でも 手が疲れるので改善方法はないものか と考えていたら Windows の 固定キー機能 を思い出した Shift を2回押しすると押しっぱなし状態になる というもの ちょっと使ってみたら便利だった 必要なときに思い出せるかがあやしいけど しばらく有効にしてみよう みんなどうやって入力するの 他の人がどうやって入力してるか知りたくて Twitter で聞いてみたら 何人かの人が答えてくれました ひと 入力方法 jazzanova さん 長い場合はShift capslockで大文字にしちゃう その手間が惜しい程短い場合はShift押しっぱ os0x さん 小文字で打ってから大文字変換かな beinteractive さん 左小指でSHIFT押しながら左手全体をひとつずつ左へスライド munegon さん 小指が常時Ctrlに乗っかってるのでShiftは薬指で押しつつ 残り3本 右手で超変則タイピング これだけ見ても人によって全然違うのが面白い みなさんはどうやって入力してますか コメント欄やブックマークコメントで教えていただければうれしいです Tweet 2007年08月06日 編集履歴 AS3 で iPhone 風ボタンを描画 beginFill と endFill のケーススタディ Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2007/08/06/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • JavaScript から Flash を楽々操作できる FABridge
    50 s graphics endFill addChild s 重要なのはコンストラクタの中の最初の2行 FABridge のインスタンスを作って rootObject を設定してます これをしないと JavaScript から操作できません HTMLの準備 head script src swfobject js script script src FABridge js script script window onload function var so new SWFObject Test swf movie 400 300 9 ffffff so write container script head body div id container div body Flash の埋め込みに SWFObject を使ってますが 普通に HTML で埋め込んでも OK です SWF 側で登録が完了すると FABridge flash 経由で SWF にアクセスできます なお 登録完了イベントは次のようにすれば受け取れます FABridge addInitializationCallback flash function 処理 Firebug でいじってみる ここからは Firebug のコンソールから実験してみます まずは root へのアクセス Test as で rootObject に代入したオブジェクトを取得します root 関数を使えば OK var root FABridge flash root root の中を見てみます コンソールに root と入力し Firebug の DOM タブで見てみます スバラシス Test クラスのメソッドがそのまま定義されてます さらに プロパティも完璧 例えば x というプロパティには getX setY という関数が用意されます プロパティの変更 さっそく子供の Sprite をいじってみます var child root getChildAt 0 child setX 10 getChildAt で Sprite を取得して setX で x プロパティをいじります 即座に位置が変わります たのしー この処理は ActionScript だと次のソースに対応してます var child Sprite root getChildAt 0 child x 10 インスタンスの作成 create 関数でインスタンスを作れます var s FABridge flash create flash display Sprite s getGraphics beginFill 0x0000ff 0 5 s getGraphics drawCircle 100 100 50 s getGraphics endFill root addChild s Sprite を新たに追加して 円が描画されます ActionScript でいうと次のソースに対応してます var s Sprite new Sprite s graphics beginFill 0x0000ff 0 5 s graphics drawCircle 100 100

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/as/fabridge/intro.html (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Trace Rabbit がおかしい? - てっく煮ブログ
    public class tracerabbit extends Sprite public function tracerabbit for var i int 0 i 10 i trace i そこそこの確率でこんな風に歯抜けになる 0 1 8 9 しかも 大元の flashlog txt も同じ内容になってしまってる Trace Rabbit が起動してないときはちゃんと出力されることは確認済み 9 0 28 0 と 9 0 45 0 の両方で発生してます 他に何かいいツールはないものかなぁ やはり ExternalInterface cosole log fuga が最強なんだろか それとも fcwrap か Tweet 2007年04月14日 編集履歴 秀丸でJavaScriptのアウトライン解析する定義ファイル FABridge を試してみた Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2007/04/14/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • GMail の未読メールを自作スクリプトから読むための方法まとめ - てっく煮ブログ
    id 123456789abcdefg view conv extsrc atom type text html modified 2007 03 15T00 00 00Z modified issued 2007 03 15T00 00 00Z issued id tag gmail google com 2004 XXXXXXXXXXXXX id author name 差出人 name email xxxx xxxx co jp email author entry entry title 2 メール本文の取得 追記 2008 05 08 現在 この方法は使えなくなっています 上の ATOM から個別のメールを表示するための URL は入手できました この URL にアクセスすれば メール本文を取得できそうです 実際にブラウザで開けば本文を表示できるのですが スクリプトから取得するとなると話は別になります ためしに Firebug で覗いてみると HTML の中身はこんな具合になってます ごちゃごちゃしてますね フレームあり Ajax あり スクリプトから解析するとなると気が重くなります じゃあ どうすればいいかというと 簡易 HTML 表示の URL を叩けばいいのです 簡易 HTML 形式というのは JavaScript が使えない環境のために用意されたインターフェースです まさに打ってつけですね 簡易 HTML 表示のための URL の作り方はこうなります ATOM から取得した URL のうち message id を抜き出す http mail google com mail account id xxxx 40gmail com message id 123456789abcdefg view conv extsrc atom message id の前に http mail google com mail h mail view cv search all th をつける http mail google com mail h mail view cv search all th message id 123456789abcdefg これだけです なんとも簡単 あとはこの URL に対して HTTP GET をはたけばいいだけです レスポンスにはメール本文が含まれているので 必要な部分を正規表現で取り出すなり XPath 使うなり 好きにスクレイピングしましょう 注意点 ATOM で取得できるのは未読メールだけ メール本文を取得すると既読になる 次に ATOM 取得したときにはそのメールは ATOM から消えている サンプル HTA JavaScript で作ってみました ATOM で未読メールを取得して表示して クリックしたら本文を取得しにいきます HTA にしたのは Ajax のドメイン制限を取り除くためです ただし HTA からはプロセス起動もできてしまうので セキュリティチェックは入念にしてください このサンプルは悪意のある Subject からの攻撃は防いでいますが万全ではないかもしれません body script var label window onload function var ajax new ActiveXObject Microsoft XMLHTTP if ajax return ajax open GET https mail google com mail feed atom label new Date getTime true ajax onreadystatechange function if ajax readyState 4 ajax status 200 parseXML ajax responseXML ajax send null function id return document getElementById id function parseXML xml if xml return var entries xml getElementsByTagName entry for var i 0 i entries length i var entry entries i var title entry getElementsByTagName title 0 firstChild nodeValue var link entry getElementsByTagName link 0 attributes var url link getNamedItem href nodeValue if title url continue title title replace g lt replace g gt if url match message

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2007/03/17/gmail-atom/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • ソフトバンクのVodafone買収で日本のSNSが一変する!? - てっく煮ブログ
    ADSL は街中で販売スペースがかったから仕方なく拠点を作ったわけで ケータイではそれをする必要もない 既存メディアでの広告と街中のケータイショップで十分インパクトあるしさ 技術者視点からいけば 値下げどうこうよりかも ケータイとYahooがどう相乗効果を生み出すかを妄想するほうが数十倍楽しい Yahoo の路線案内とかブログとかオークションをケータイ経由で しかも通信料無料で 利用できるれば便利だろうなぁ Yahooウォレットがケータイ料金から引き落とされたら強力だしなぁ 中でも Yahoo の SNS Yahoo 360 とケータイが混ざった場合の妄想が一番楽しい Yahoo 360 は使ってないから mixi 用語で説明するけど アドレス帳がマイミクシィと連携していて アドレス交換がマイミクになってもらうのと等値になるわけ メッセージの送信は ケータイメールと等値になる 何がうれしいって ケータイメールを送ったら PCから Yahoo 360でもメールを見れちゃう ブログってインターネットの世界のもの過ぎて一般人に広まらないけど ケータイに日記を書く機能を入れちゃったら広まるかもしれない マイミクの友達がコメントを書いてくれたりして交換日記っぽいイメージ そのまんま SNS の機能を移植してるんだけど ケータイにネイティブに実装されてるだけで見え方がぜんぜん違う 女子高生を中心に一気にブレイクしそうに思えてしまう ミクシーなんて目じゃない Yahoo が SNS で mixi を抜く日も近いかもしれないよ Tweet 2006年03月18日 編集履歴 FlashでActionScriptを利用したアニメーション SWFファイルを動画ファイルに変換する方法 Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus About Profile nitoyon

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2006/03/18/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Google Earth API が公開されましたね(ドライビングゲームのサンプルも!) - てっく煮ブログ
    Google Earth と私 昔話 隔世の感があったので ちょっと昔話 1年半ほど前 Google Earth でもドライビング というのを作って公開した 当時はまだドキュメントがなかった Google Earth の COM を叩いて HTA から Google Earth を操作するものだった COM のメソッド一覧からできることを想像して試していったが KML でアイテムを配置したり 画像を overlay したり カメラの位置を変えたりするぐらいの機能しかなかった API 経由でできることが限られていたので やりたいことの半分ぐらいしかできなかったが 1週間ほどで無理やり形にしたのを覚えている Google Earth でもドライビング を公開して1週間後 Google Earth API β版 がこっそり公開されていた 勝手な想像だけど Google の人が 使う人がいるならドキュメントを公開しちゃおう と思ったのかもしれない それからしばらくは Google Earth の最新情報を追うのはやめていたけど 昨日 Google Earth API としてブラウザ用のプラグインが公開された サンプルのドライビングゲームは 車がでこぼこの地面を走りまくるし 地表の傾きに応じて車の傾きも変わっていた 1年半前には絶対にできなかったものがサンプルとして公開されていた Google Earth を使った楽しいアプリケーションが登場するのはこれからだ 1年半前に夢見た未来がやっと今 始まった Tweet 2008年05月30日 編集履歴 Flash

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/05/30/google-earth-plugin/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • gihyo.jp 連載6回目:tweener - てっく煮ブログ
    gihyo jp 技術評論社 すごく丁寧に解説したつもりなので ご覧くださいませ 3ページ目 の応用例もきれいなので見てくれるとうれしいな っと Tweet 2008年04月17日 編集履歴 getlasterror so name info を CodeRepos にコミットした Visual Studio 2008 ワンポイントがいい感じ Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus About Profile nitoyon にとよん

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2008/04/17/gihyo6/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • 0 i LOADING COUNT MAX return var img Object queue 0 loadingCount var loader Loader new Loader loader contentLoaderInfo addEventListener Event COMPLETE function event Event void bakumatsuNize loader img queue shift loadingCount popQueue loader contentLoaderInfo addEventListener ioError function event Event void queue shift loadingCount popQueue loader load new URLRequest img src if loadingCount LOADING COUNT MAX popQueue private function bakumatsuNize img DisplayObject param Object void var w int param w

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/bakumatsu/BakumatsuLayer.as (2016-02-13)
    Open archived version from archive



  •