archive-com.com » COM » N » NITOYON.COM

Total: 757

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • 『googlemapでドラクエ』でドラクエ
    googlemapでドラクエ でドラクエ googlemapでドラクエ がおもしろかったので フィールドを歩けるようにしてみました 敵も出ないし 村にも城にも入れませんが キャラクターを配置するだけで それっぽくなってびっくり 関連 Google Maps で鈴鹿サーキット試走 googlemapでドラクエ でドラクエ 公開 JavaScript を有効にしてください

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/javascript/application/racing/3/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • JS や AS で長い関数をリファクタリングする1手法 - てっく煮ブログ
    function endFly function fly if startFly doFly endFly 局所的にはきれいになったけど 1個だったはずの関数が3個になってしまった 一般に 関数の数が多いほどソースコードは理解しにくくなる だから 関数の数が増えるのはできる限り避けたい そもそも startFly 関数や endFly 関数は fly の中からしか呼ばないはずなのに 他の関数からも参照できるところに置くのは理にかなっていない ならば fly の横ではなく fly の中にしまってみるのはどうだろう fly の中に収納 さっきのは C言語っぽかったけど こうやったら JavaScript っぽい function fly var startFly function var doFly function var endFly function 実際の処理開始 if startFly doFly endFly fly 関数の行数は変わらないけど 処理の流れはすっきりする ソースコードから流れを追いやすいし startFly 関数や endFly 関数が fly 関数の中からしか呼ばないことが一目瞭然 構造が仕様を語る 分かりやすいソースコードの基本 一般化してみた function A 関数内の変数 var param1 var param2 関数内の関数 var func1 function var func2 function function A の実体 var AImpl function AImpl 変数を冒頭に 次に関数 最後に AImpl を書く 関数 A の中からは AImpl のみを呼ぶだけ AImpl の中では なるべく if 文と関数呼び出しだけで書くようにするときれいなソースになりそう 面白いのが このクラス全体が1つのクラスになっている クロージャにより func1 と func2 から param1 や param2 を参照できる param1 や param2 はクラスのフィールドのようだし func1 や func2 はクラスのメソッドのように見える AImple 関数はコンストラクタといったところ もう1つ面白いところ 関数内の関数を他の場所で使いたくなったら 関数の外に出して 宣言部分をちょろっと変えるだけでよい お手軽 逆に 1箇所からしか参照してないグローバルな関数を発見したら 呼び出し元の関数に収納しちゃってもよいかもしれない ActionScript 3 0 でも public class Bird public function fly void if startFly doFly endFly private function startFly Boolean private function doFly void private function endFly void と fly の横にメソッドとして書くよりも public class Bird public function fly void var startFly Function function Boolean var doFly Function function void var endFly Function function void if startFly doFly endFly と書いたほうが分かりやすいかもしれない private なメソッドだから 最初のやつで別にいいような気がしないでもない でも private なメソッドは クラス内部からみるとグローバルにアクセスできる関数 前者の方法で書いていくと いつの間にか private なメソッドが30個 意味分からん となってしまうことを考えると 後者の方が読みやすいソースになるかもしれない 別のクラスに分けちゃえよ

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2007/07/10/refactoring-long-function-using-local-functions/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • indexOf 1 if val return null return id id id val value val private function checkNew void var file File File documentsDirectory resolve niconico txt try if file size prevSize return prevSize file size var stream FileStream new FileStream stream open file FileMode READ var str String stream readMultiByte file size File systemCharset stream close catch e Error return str str replace r g n replace n n g n

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/misc/niconico.as (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Flasher 必見! 第4回 てら子がライブ中継されるよ - てっく煮ブログ
    でバリバリに Flash 使ってる方です そうそう ライブコーディングが見たい との提案をしたのは私です というのも 思うところがあってですね Flash って入門書はたくさんあるんだけど 中級以上の本ってなかなかないんですよね それはプログラマの業界もそうなんだけど プログラム業界では誰かが作ったサンプルとか OSS のソースコードがその役割をしてくれてると思うんですよ でも Flash にはそれがない fla ファイルを見る機会はほとんどないじゃない 製作過程なんてもってのほか 第2回 第3回てら子で話を聞いてると フレームワークの話は出たりするんだけど 結局のところどう作るかは共有できてなかったんですよね それだと 結局みんな自己流でやってる現状は変わらないと思ったので CSS Nite でやってるような ライブコーディング が見たい と思ったわけです 長くなってしまったので強引にまとめると すごい人の Flash 使い方に興味がある人は ライブ中継見てね レイヤ構造どうしてるんだろう FuseKit どう使うんだろう Flash のカスタマイズはどうしてるんだろう とか色々参考になるはず 遠隔からの質問も受け付けてるようなので ばしばし質問 つっこみしちゃってください 以上 Tweet 2007年06月16日 編集履歴 AIR の app storage はどこに保存される 第4回 大阪てら子 で学んだ10個の Flash 製作 Tips Please enable JavaScript to view the comments powered

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2007/06/16/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Adobe MAX 参戦前夜 - てっく煮ブログ
    ブログを書いていただける方募集 Adobe MAX Japan 2007 に応募してみた これに申し込んで 9 30 までに現地に行ったら 写真撮影用の腕章をもらえるみたい 公式に許可を受けて写真を撮れるなんて素晴らしい ということで 受講メモをここに書いていく予定 体調が万全ではなくて まだ咳が出てしまう とりあえず SHOP99 でマスク 7枚入り を買った ということで マスクをして 写真撮影の腕章をして 受講中にノートPCをカチャカチャやって 細身のメガネをかけた人 が私です 気軽に声かけてほしい 受講リストは Adobe MAX 2007 α 見るものリスト にて公開中 土曜日は関西に戻って Kanasan JS に参加する予定 東京デザイナーズウィーク2007 とかも楽しそうなんだけど Tweet 2007年10月31日 編集履歴 ECMAScript 4 の Draft をざっくり読んでみた ECMAScript 4 のリファレンス実装を導入してみた Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus comments powered by Disqus About Profile nitoyon にとよん

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2007/10/31/adobe-max-eve/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive


  • false private var handle int 0 public function GoogleRacing super stage scaleMode noScale stage align TL map new Map map key ABQIAAAA6de2NwhEAYfH7t7oAYcX3xRWPxFShKMZYAUclLzloAj2mNQgoRQZnk8BRyG0g m2di3bWaT Ji54Lg map setSize new Point MAP SIZE MAP SIZE map addEventListener MapEvent MAP READY function event Event void map setCenter new LatLng 34 84339127807875 136 54028131980896 17 MapType NORMAL MAP TYPE map disableDragging addEventListener enterFrame function event Event void update map x map y MAP SIZE 2 mapContainer new Sprite mapContainer x mapContainer y SIZE 2 mapContainer addChild map addChild mapContainer var mask Sprite new Sprite mask graphics beginFill 0 mask graphics drawRect 0 0 SIZE SIZE mask graphics endFill addChild mask mapContainer mask mask speed new TextField speed x speed y 5 speed background speed border true speed backgroundColor 0xffffff speed borderColor 0x000000 speed height 16 speed width 50 addChild speed var car Bitmap new Car car x car y SIZE car width 2 addChild car mapContainer addEventListener keyDown function event KeyboardEvent void keyHandler event true mapContainer addEventListener keyUp function event KeyboardEvent void keyHandler event false private function keyHandler e KeyboardEvent f Boolean void switch e keyCode case Keyboard SPACE accelerating f break case Keyboard LEFT case Keyboard RIGHT handle f 0 e keyCode Keyboard LEFT

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/javascript/application/racing/4/GoogleRacing.as (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • Apollo コンパイルではまった... - てっく煮ブログ
    your first Flex based Apollo application using the Apollo がそのままだと動かない XML で visible false となっているが これを visible true にしなければならない appId が同じアプリケーションは2重起動できない visible false で表示されないアプリを作ってしまうと 何度コンパイルして実行しても表示できない状態になってしまう これははまった trace の出力先が Debug Player 9 0 28 2006 11 14 リリース からは C Documents and Settings username Application Data Macromedia Flash Player Logs flashlog txt に固定になっている mm cfg で TraceOutputFileName を設定してもきかない mm cfg の設定は次のようにすべし ErrorReportingEnable 1 TraceOutputFileEnable 1 MaxWarnings 0 Tweet 2007年03月21日 編集履歴 Apollo

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2007/03/21/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive

  • JavaScript で Number 型の数値を2進数表現してみる - てっく煮ブログ
    1 return s が符号を考えずに右シフトする演算子だそうだ 今回 このビット演算子で遊ぶまで こんな演算子があることすら知らなかった Firebug で確認してみた function dump int i var s c 1 while c s i 1 s i 1 c 1 return s dump int 0 dump int 1 1 dump int 2 10 dump int 3 11 dump int 0x1000 1000000000000 dump int 1 11111111111111111111111111111111 dump int 2 11111111111111111111111111111110 dump int 3 11111111111111111111111111111101 出力の最大桁数が 32bit なのは ビット演算の前に ToInt32 という内部関数が呼ばれて 32bit に切り詰められるから 桁数をそろえるバージョン 桁数がそろってなくて見にくい場合は こう改造すればよい function dump int2 i var s c 1 while c s i 1 s i 1 c 1 return s dump int2 3 00000000000000000000000000000011 c 1 として while c c 1 のループを回すことにより ビット数の回数だけ while のループが回るようにしている toString 2 ところで これとは別に Number prototype toString に 2 を渡すことで2進数表示することもできる 今回作った dump int とはちょっと異なっていて面白い 0 toString 2 0 1 toString 2 1 2 toString 2 10 1 toString 2 1 2 toString 2 10 マイナスの値を渡したときの挙動が明らかに違う というのも Number 型は 64bit の浮動小数点であり 符号部に 1bit が割かれている というわけで 負数を toString 2 すると がつくのは Number の内部に符号部があるから と考えると納得がいく Number 形が浮動小数点ということは 小数を toString 2 することもできたりする 2 25 toString 2 10 01 まとめ 自作 dump int は 32bit までの数にしか対応できない toString 2 は 64bit の浮動小数点の範囲を全てカバーできる 比べてみると dump int がいい所なしに見えるが 先日の 四則演算を JavaScript で実装する を作るときには役立ったんですよ っと あ そうそう 今回は ECMA 262 3rd edition の仕様をかなり参考にしましたよ

    Original URL path: http://tech.nitoyon.com/ja/blog/2007/07/04/p1/ (2016-02-13)
    Open archived version from archive



  •