archive-com.com » COM » P » PWC.COM

Total: 2203

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • ファンドニュース(69) 信用リスクに係る標準的手法の見直しに関する第二次市中協議について | PwCあらた監査法人
    visited PwC sites Global Australia Brazil Canada China Hong Kong France Germany India Italy Japan Mexico Middle East Netherlands Russia Singapore South Africa South Korea Spain Sweden Switzerland United Kingdom United States Complete list of PwC territory sites 69 バーゼル銀行監督委員会 BCBS より 2015年12月に 信用リスクに係る標準的手法の見直し に第二次市中協議文書 以下 本提案 が公表されました 本提案に対するコメントは2016年3月11日まで受け付けられており 2016年中を目処に規則文書の最終化が行われる見込みですが 具体的な適用時期は現状未定です ただし 将来的に国内に適用された場合 標準的手法を採用する多くの地域金融機関 信用金庫 信用組合などへの影響があるものと考えられます 同時に 標準的手法を採用する機関投資家が投資するファンドについてリスクアセットに関する情報を提供している 本邦の資産運用会社にも影響を及ぼすと考えられるため 当該見直しの概要および資産運用会社への潜在的な影響について簡潔に解説いたします ファンドニュース 69 信用リスクに係る標準的手法の見直しに関する第二次市中協議について PDF 247KB ファンドニュース一覧ページへ戻る ページトップへ ナレッジ 会計情報 日本基準のトピックス

    Original URL path: http://www.pwc.com/jp/ja/assurance/research-insights-report/fundnews69-credit-risk.html (2016-02-10)
    Open archived version from archive


  • PwC、トレジャリー・マネジメント・インターナショナル(TMI)誌の 「2015年 イノベーションとエクセレンス賞」において最優秀賞を15年連続受賞 | PwC Japan
    Singapore South Africa South Korea Spain Sweden Switzerland United Kingdom United States Complete list of PwC territory sites PwC TMI 2015 15 View this page in English 2016年2月10日 PwC Japan 本プレスリリースは 2016年1月21日付でPwCが発表したプレスリリースの抄訳に 日本における取り組みを追記したものになります 2016年1月21日 ロンドン PwCは トレジャリー マネジメント インターナショナル TMI 誌がロンドンで発表した 2015年 イノベーションとエクセレンス賞 において ベスト グローバル トレジャリー コンサルタント に15年連続で選ばれました 本受賞は世界各国のトレジャリー部門の顧客からの推薦に基づくものです 1998年にTMI誌により創設されたこの賞は 世界のトレジャリー マネジメントに携わる銀行 ベンダー コンサルタント 実務家のベストプラクティスを正式に認定する 資金 財務専門職における品質の証として確立されています PwCの提供するサービスは 大規模かつテクノロジー主導によるトレジャリー業務変革のプロジェクトから リスクやキャッシュマネジメント分野での複雑な案件に対する極めて専門的なアドバイスまで 多岐にわたります 顧客の課題に対して独自のソリューションを提供するために トレジャリー部門のエキスパートがさまざまな部門にまたがる専門スタッフと協力するケースも増えてきています PwCのコーポレート トレジャリー ソリューションのグローバルリーダー セバスチャン ディ パオラ Sebastian di Paola は次のように述べています 今回の受賞は世界全体に500名を有するPwCのコーポレート トレジャリー チームの品質を反映したものであり PwCが同分野でのマーケットリーダーであることを示すものです TMI賞は 世界のトレジャリー部門が 金融危機による混乱の後に達成した大きな偉業を表彰し続けています 今日のトレジャリー業界は 新興市場のオフショア負債や通貨の問題 銀行の資本不足 サイバー攻撃 原油価格を取り巻く不透明感など 極めて多くの問題に直面しています トレジャリー部門にとって どのようにこれらのリスク管理を行うかが課題となっています トレジャリー業務は成熟しつつあり 顧客が今日直面しているさまざまなリスクや機会に対し いかに付加価値の高い知見を提供するかが 成長の鍵となっています PwCは世界最大規模のトレジャリー アドバイザリー チームの知見を活かして トレジャリー業務一般から リスク管理 銀行取引 テクノロジー 税務 会計 システム開発 およびプログラム マネジメント スキルまで 今後も幅広いサービスを提供していきます PwC Japanにおけるトレジャリー マネジメント サービス 日本においても 日系企業の海外業務展開にともない発生する資金管理業務についてのソリューション グローバル トレジャリー ポリシーの策定 トレジャリー高度化にともなうロードマップの策定 トレジャリー マネジメント システムの選定や導入など 企業の財務リスクの最小化 資金効率の最大化 資金管理業務の効率化 ガバナンスの強化に貢献しています 以上 トレジャリー マネジメント インターナショナル誌について トレジャリー マネジメント インターナショナル TMI 誌は トレジャリー業務 キャッシュマネジメント 外国為替など トレジャリーおよびファイナンス分野の専門職に関連する課題について 話題のソリューションと戦略の実態を取り上げるとともに トレジャリーおよびファイナンスに関するニュース 教育や見解などを紹介しています TMI誌は トレジャリー マネジメントにおける実際の経験やケーススタディーに焦点を当て 経験豊富なトレジャリー担当者やCFOから新人の専門職まで あらゆる実務家にとって価値ある資料を提供しています 読者数は全世界で8 000人 ウェブサイトへのビジター数は毎月45 000人を上回ります PwC Japanについて PwC Japanは 日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社 PwCあらた監査法人 京都監査法人 プライスウォーターハウスクーパース株式会社 PwC税理士法人 PwC弁護士法人を含む の総称です 各法人は独立して事業を行い 相互に連携をとりながら 監査およびアシュアランス ディールアドバイザリー コンサルティング 税務 法務のサービスをクライアントに提供しています PwCについて PwCは 社会における信頼を築き 重要な課題を解決することをPurpose 存在意義 としています 私たちは 世界157カ国に及ぶグローバルネットワークに208 000人以上のスタッフを有し 高品質な監査 税務 アドバイザリーサービスを提供しています 詳細は www pwc com をご覧ください 一覧ページへ戻る ページトップへ プレスルーム プレスリリース 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 寄稿記事 2016年 2015年 2014年 2013年 メディア掲載

    Original URL path: http://www.pwc.com/jp/ja/japan-press-room/press-release/2016/tmi160210.html (2016-02-10)
    Open archived version from archive

  • 会社法計算書類の実務‐作成・開示の総合解説‐(第8版) | PwC Japan
    United Kingdom United States Complete list of PwC territory sites 8 2006年5月に会社法が施行されてから 10年近い歳月が経過しようとしていますが その間にも 企業を取り巻く経営環境はさまざまな変化を見せてきました 企業会計の分野においては 国際的な会計基準とのコンバージェンスに関し 会計基準等の新設 改正の議論が進むのを受けて 会社法計算書類においても以前に比べディスクロージャーの範囲が拡大し 開示の重要性も増してきています 本書では 会社法計算書類作成の実務に携わる方々の疑問を解消できるよう できるだけ平易に計算関係書類などの作成方法や会社法の計算関係の最新の実務について解説しています また特に最新の開示事例を多数掲載しています 2014年6月20日に 会社法の一部を改正する法律 が成立し 2015年5月1日に施行されました また 会社法施行規則など 関連する政省令についても 会社法施行規則などの一部を改正する省令 が2015年2月6日に公表され 会社法の改正と同日から施行されています この改正は 主として企業統治の強化や企業集団の運営の適正化といったコーポレートガバナンスに関するものが対象となっており 事業報告書等の記載内容に関する影響が考えられます 経過措置等の関係から 本格的に適用されるのは これから迎える2016年3月期からとなります 今回の改訂版では 主に第3章 事業報告 において 改正の概要と事業報告書等への影響について解説しています また 会社法計算書類の作成 開示にあたっての参考となるよう 一般社団法人 日本経済団体連合会の各種書類のひな型や 全国株懇連合会から公表されているひな型 株懇モデル なども 2015年4月に公表された最新のものを取り上げて掲載しています 中央経済社 2016年2月発行 5 500円 税抜き 640ページ A5判 一覧ページへ戻る ページトップへ ナレッジ 調査 レポート ニュースレター メールマガジン 書籍

    Original URL path: http://www.pwc.com/jp/ja/japan-knowledge/publication/2016/corporate-law-figure160215.html (2016-02-10)
    Open archived version from archive

  • PwC Japan組織再編のお知らせ | PwC Japan
    Kong France Germany India Italy Japan Mexico Middle East Netherlands Russia Singapore South Africa South Korea Spain Sweden Switzerland United Kingdom United States Complete list of PwC territory sites PwC Japan 2016年2月1日 PwC Japan PwC Japan 日本代表 鈴木 洋之 は 2016年3月に組織再編を行うことを発表します 今回の組織再編は PwC Japanの各法人がそれぞれの専門性を高めるとともに PwCのグローバルネットワークとの協業体制を強化することを目的としています PwC Japanの各法人はこれまで以上に緊密な連携を図り 顧客がグローバル市場での競争力を高めるサポートを行うことを目指します 日本におけるコンサルティング部門を統合し 新たに戦略から実行までのコンサルティングを提供する PwCコンサルティング合同会社 を設立するほか M A 事業再生 インフラ関連サービスを専門とする PwCアドバイザリー合同会社 が始動します その他 一部の法人は合同会社化し 併せて法人名を変更します 法人名称 代表者名など詳細につきましては下記をご参照ください PwC Japanの法人 3月以降の体制 アシュアランス PwCあらた監査法人 代表執行役 木村 浩一郎 京都監査法人 マネージング パートナー 松永 幸廣 PwCサステナビリティ合同会社 代表執行役 三橋 優隆 PwCビジネスアシュアランス合同会社 代表執行役社長 丸山 琢永 コンサルティング PwCコンサルティング合同会社 代表執行役 鹿島 章 プライスウォーターハウスクーパース株式会社のコンサルティング部門 プライスウォーターハウスクーパース ストラテジー株式会社 プライスウォーターハウスクーパースPRTMマネジメントコンサルタンツジャパンLLCを統合して設立 PwCサイバーサービス合同会社 代表執行役 鹿島 章 最高執行責任者 星澤 裕二 ディールアドバイザリー PwCアドバイザリー合同会社 代表執行役 鈴木 保晴 プライスウォーターハウスクーパース株式会社から名称変更 プライスウォーターハウスクーパース マーバルパートナーズ合同会社 代表執行役 岡 俊子 2016年4月にPwCアドバイザリー合同会社と経営統合 税務サービス PwC税理士法人 理事長 宮川 和也 法務 PwC弁護士法人 代表 我妻 由佳子 シンクタンク PwC総合研究所合同会社 所長 栗原 俊典 株式会社プライスウォーターハウスクーパース総合研究所から名称変更 PwC Japanにおけるシェアードサービス PwCジャパン合同会社 代表執行役 鈴木 洋之 以上 PwC Japanについて PwC Japanは 日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です 各法人は独立した別法人として事業を行っています 複雑化 多様化する企業の経営課題に対し PwC Japanでは 監査およびアシュアランス ディールアドバイザリー コンサルティング 税務 そして法務における卓越した専門性を結集し それらを有機的に協働させる体制を整えています また 公認会計士 税理士 弁護士 そのほか専門スタッフ約5 000人を擁するプロフェッショナルサービスネットワークとして クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています PwCについて PwCは 社会における信頼を築き 重要な課題を解決することをPurpose 存在意義 としています 私たちは 世界157カ国に及ぶグローバルネットワークに208 000人以上のスタッフを有し 高品質な監査 税務 アドバイザリーサービスを提供しています 詳細は www pwc com をご覧ください 一覧ページへ戻る ページトップへ プレスルーム プレスリリース 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 寄稿記事 2016年 2015年 2014年 2013年 メディア掲載 2016年 2015年 2014年 2013年 お問い合わせ PwC Japanへのお問い合わせ 関連情報 PwC

    Original URL path: http://www.pwc.com/jp/ja/japan-press-room/press-release/2016/pwcjapan-organization160201.html (2016-02-10)
    Open archived version from archive

  • 会計情報 | PwCあらた監査法人
    Canada China Hong Kong France Germany India Italy Japan Mexico Middle East Netherlands Russia Singapore South Africa South Korea Spain Sweden Switzerland United Kingdom United States Complete list of PwC territory sites 会計情報 View this page in English 日本 国内の会計 監査にかかわる最新トピックス 会計基準や関係法令の公表および改正についてお伝えします US 米国の会計 監査 US GAAP US GAAS およびSEC規則などに関する最新トピックスです IFRS IFRS 国際財務報告基準 に関する最新情報やトピックスを掲載しています IFRSナレッジ IFRS関連ニュース IFRSの基礎知識 会計基準の国際化をめぐる動向 国際的な会計基準の動向のうち 日本企業への影響が及びそうなテーマを取り上げ 将来的な見通しや実務対応について解説しています 図解でわかる M A会計 日本基準とIFRS M Aに関する日本基準とIFRSの変更点にスポットを当て 図表を用いて分かりやすく解説しています 会計用語集 日本基準における会計用語を分かりやすくコンパクトにまとめ

    Original URL path: http://www.pwc.com/jp/ja/assurance/research-insights/accounting.html (2016-02-10)
    Open archived version from archive

  • ASBJ「収益認識に関する包括的な会計基準の開発についての意見募集」の公表 | PwCあらた監査法人
    都市 インフラストラクチャー 官公庁 公的機関 ヘルスケア 農業 ナレッジ 会計情報 調査 レポート 業種別会計事例 書籍 ニュースレター 世界CEO意識調査 パンフレット 広報誌 PwCあらた基礎研究所研究報告書 会計用語集 コラム あらたなView メガトレンド セミナー 監査法人案内 CEOからのメッセージ 経営理念 監査法人概要 オフィス所在地 沿革 組織とガバナンス 品質管理 シニアアドバイザー PwCあらた基礎研究所 PwCグローバルネットワーク アニュアルレビュー 監査品質に関する報告書 Transparency Report PwC Japanの企業としての責任 プレスルーム プレスリリース 寄稿記事 メディア掲載 採用情報 PwCあらた監査法人 English 日本語 各国のPwC Commonly visited PwC sites Global Australia Brazil Canada China Hong Kong France Germany India Italy Japan Mexico Middle East Netherlands Russia Singapore South Africa South Korea Spain Sweden Switzerland United Kingdom United States Complete list of PwC territory sites ASBJ View this page in English 2016年02月04日 第296号 ダウンロード 日本基準のトピックス 2016年02月04日 第296号 PDF 419KB 主旨 2016年2月4日 企業会計基準委員会 以下 ASBJ は 収益認識に関する包括的な会計基準の開発についての意見の募集 以下 本意見募集 を公表しました ASBJは 日本基準の体系の整備 高品質化 および国際的な比較可能性の向上を意図し 国際財務報告基準 IFRS 第15号 顧客との契約から生じる収益 を踏まえた収益認識に関する包括的な会計基準の開発に向けた検討を開始しています こうした検討を進めるにあたっては IFRS第15号を踏まえた内容の収益認識に関する包括的な会計基準を導入した場合に適用上の課題が生じることも懸念されます そこで ASBJは こうした懸念に適切に対応するために 検討の初期の段階で 仮にIFRS第15号と同様の内容をわが国における収益認識に関する包括的な会計基準として 連結財務諸表および個別財務諸表に導入した場合に生じ得る適用上の課題や今後の検討の進め方等について 幅広く意見を把握するために 本意見募集を公表しました コメント期限は 2016年5月31日となっています このニュースレターは 概略的な内容を説明する目的で作成しています この情報が個々のケースにそのまま適用できるとは限りません したがいまして 具体的な決定を下される前に PwCあらた監査法人の担当者にご確認されることをお勧めします 企業会計基準委員会のウェブサイト 収益認識に関する包括的な会計基準の開発についての意見の募集 の公表 一覧ページへ戻る ページトップへ ナレッジ 会計情報 日本基準のトピックス 2016年 2015年 2014年 2013年 US Topics 2016年 2015年 2014年 2013年 IFRS 会計基準の国際化をめぐる動向 図解でわかる M A会計 日本基準とIFRS 調査 レポート 業種別会計事例 書籍 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 ニュースレター 2016年 2015年 2014年 パンフレット 広報誌 PwCあらた基礎研究所研究報告書 会計用語集 コラム あらたなView お問い合わせ PwCあらた監査法人 関連情報 ニュースレター メールマガジン 会計用語集 関連サービス 財務諸表監査 財務報告アドバイス PwC Japan PwCあらた監査法人 京都監査法人 プライスウォーターハウスクーパース株式会社 PwC税理士法人 PwC弁護士法人 プライスウォータハウスクーパース PRTMマネジメントコンサルタンツジャパンLLC プライスウォーターハウスクーパース

    Original URL path: http://www.pwc.com/jp/ja/assurance/research-insights/accounting/japan-topics/2016/accounting-revenue-recognition160204.html (2016-02-10)
    Open archived version from archive

  • In the loop:年金費用の管理‐アプローチによっては迅速な対応が必要に ほか | PwCあらた監査法人
    Hong Kong France Germany India Italy Japan Mexico Middle East Netherlands Russia Singapore South Africa South Korea Spain Sweden Switzerland United Kingdom United States Complete list of PwC territory sites In the loop 2016年01月28日 ダウンロード US Topics 2016年01月28日号 PDF 490KB US Topics 目次 In the loop 年金費用の管理 アプローチによっては迅速な対応が必要に アカウンティングブログ 2016年に見逃せない財務報告上の3つの論点 ビデオ プッシュダウン会計 SECのコメントレターへの回答プロセス および 年金制度のリスクと対応 Global Tax Accounting Servicesニュースレター 2015年12月 ガバナンスインサイト 自社の物言う株主になりたいですか 取締役が知っておくべきこと オンデマンド版CPE対象ウェブキャストが視聴可能 2015年第4四半期版会計および財務報告の最新動向 PwCが事業の定義についてのFASBの変更案に対するコメントを公表 FASBが年金会計のいくつかの側面に対する変更を提案 FASBの会議およびプロジェクトアップデート SECがドッドフランク法に基づく資源採掘企業である発行体への規則案に対するコメント期間を延長 Appendix

    Original URL path: http://www.pwc.com/jp/ja/assurance/research-insights/accounting/us-topics/2016/us-topics160128.html (2016-02-10)
    Open archived version from archive

  • IFRS最新動向 2016年 | IFRS/国際財務報告基準(国際会計基準)
    United Kingdom United States Complete list of PwC territory sites IFRS 2016 IFRSに関する国内および国外の主要な動向を要約してお伝えします なお 国際会計基準審議会 IASB に関する情報はPwC Globalの情報サイト Inform も ご参照ください 2016年01月 2016年01月29日 IASBがIAS第7号 キャッシュ フロー計算書 の修正を公表 2016年01月22日 IASBがワークプランを更新 2016年01月19日 第15回日中韓三カ国会計基準設定主体会議 2016年01月19日 IASBがIAS第12号 法人所得税 の狭い範囲の修正を公表 2016年01月15日 ASBJとFASBが定期会合を開催 2016年01月13日 IASBがワークプランを更新 2016年01月13日 IASBがIFRS第16号 リース を公表 2016年01月08日 法務省が 会社法施行規則及び会社計算規則の一部を改正する省令案 に関する意見募集の結果を公表 2016年01月05日 IFRS解釈指針委員会の人事 Tony de Bell氏他が再任 2016年01月04日 IASBが中小企業向けIFRS IFRS for SMEs の適用上の問題に関する手続きを設置 ページトップへ IFRS最新ニュース IFRS最新動向 2016年 2015年 2014年 2013年 PwC最新動向の解説 2016年 2015年 2014年 2013年

    Original URL path: http://www.pwc.com/jp/ja/ifrs/ifrsnews/trend/2016.html (2016-02-10)
    Open archived version from archive



  •