archive-com.com » COM » V » VILLADENT.COM

Total: 30

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".
  • インプラント治療を受けるための正しい知識
    天然の歯と全く変わらない使用心地や 咀嚼能力も変わらないという点から 入れ歯からインプラントに移行するという人も少なくないと言われています しかしインプラントによる失敗談やトラブルも非常に多いとされており 歯科に関わる訴訟の半分以上はインプラントのことなのだそうです 具体的なトラブルとしては インプラントの歯がグラグラしてしまって機能しないという問題や インプラントの箇所から細菌感染し 周囲の歯肉や骨が炎症を起こしてしまったりということがあります 治療中のトラブルも多く 手術後全く腫れが引かなかったという症例や 手術中に大量出血をしてしまったということもあるようです インプラント自体 まだ新しい治療方法であるために インプラントを埋め込んだ骨や周囲の歯肉に今後どのような影響を与えるのかということはハッキリとはわかっていません また インプラント治療後も 定期的なメンテナンスは欠かせません インプラントは保険が適用されない治療方法であるため 非常に高額となるのですが 治療後にインプラントの適切なメンテナンスを続けなければ 結果的にインプラントの歯を失ってしまうこともあります そのため アフターフォローやその後のメンテナンスのことも含めてしっかりと考えてくれる歯科医院で インプラント治療を行うことが大切となります Menu 正しい知識 メリット デメリット 歯列矯正との違い 入れ歯との違い 差し歯との違い 医療費控除を受ける いつから食べられる 何人くらいがしている 丁寧な説明のクリニック インプラントは怖くない 永久に長持ちする 痛くない 金属探知機に反応

    Original URL path: http://www.villadent.com/ (2016-05-01)
    Open archived version from archive


  • インプラントのメリット
    インプラントはブリッジをするときのように 健康である歯を削る必要がありません また 入れ歯のように周囲の歯にバネをかけるなどといった方法も必要無いため 周囲の歯への負担もありません 健康な歯であっても 削ったり負担をかけたりすることで その歯の寿命は短くなってしまうため 非常に大きなメリットであると言えます また これも非常に嬉しいメリットなのですが 見た目に違和感がありません 入れ歯は どうしても口を開けたときに金属部が見えてしまったりするのですが インプラントの歯はパッと見ただけではその他の天然の歯と大差がありません 事故などで若くして歯の一部を失ってしまったという方は 特に見た目を気にされると思うのですが そういった方にはこれは非常に嬉しい面では無いかと思います 違和感が無いのは見た目だけでなく 使い心地に関しても違和感が無いということが言われています 例えば 入れ歯にすると咀嚼能率というのは天然の歯に比べて20 くらいまで落ちてしまい さらに入れ歯に慣れるまでは発音さえも上手くできないこともあるのだとか 一方でインプラントであれば 咀嚼能率は天然の歯の80 以上を維持することができ 更にほとんど違和感を感じないために 本来の自分の歯と変わらず使用することができると言われています このように インプラントにはメリットが多く存在しています そんなメリットの多さや魅力が インプラントの人気に拍車をかけているのですね しかし インプラントにはデメリットも存在します メリットだけでなく デメリットも把握した上で インプラント治療のことを考えるということが大切になるので どちらもしっかりと学んでおく必要があります また こちらの インプラントの解説サイト の記事も参考に合わせてご覧ください Menu 正しい知識 メリット デメリット 歯列矯正との違い 入れ歯との違い 差し歯との違い 医療費控除を受ける いつから食べられる 何人くらいがしている 丁寧な説明のクリニック インプラントは怖くない 永久に長持ちする 痛くない 金属探知機に反応 高額な費用が必要 適さない人との違い レントゲンを撮った時 歯を失った時 手術できる顎の大きさ 手術時の麻酔 どれくらい治療時間 保険適用される インプラントの歯の形 インプラントの歯の色 病院の選び方 インプラントのトラブル

    Original URL path: http://www.villadent.com/melit.html (2016-05-01)
    Open archived version from archive

  • インプラントのデメリット
    多くの患者さんから注目を浴びています しかし 万能かと思われるインプラントにもデメリットが存在します どんなデメリットがあるのでしょうか インプラントの治療をするときは 基本的に2回の手術が必要となります 1回目は歯根となるフィクスチャーと呼ばれるものを顎の骨に埋めるため 2回目は アバットメントと呼ばれる被せ物を装着するときです これらを実施するときは どちらも歯肉を切開する必要があるため 麻酔を使った手術を行うことになるのです もちろん麻酔をしているので痛みはありませんし 手術後の痛みや腫れも 本数が少なければほとんど無いと言われています しかし歯肉を切開して手術をするという行為は精神的にも負担になる行為であると言えるでしょう インプラント治療を開始し すぐに人工歯を手に入れることができるかというと そういうわけではありません インプラントの治療は 短くても半年から1年の期間が必要となります これは 歯根を埋め込んで顎の骨と結合するのを待つ期間がどうしても長くなってしまうため これだけの期間がかかってしまうのです 入れ歯などは割と早い段階で失った歯を埋めることができるため そちらと比べるとこの期間の長さはデメリットと言えるでしょう また 費用も高額であり さらに保険が適用されないため 経済的な負担が大きいという点も大きなデメリットです インプラントの費用は医院によって異なるのですが 平均的な相場としては1本につき40万円前後であると言われています 治療後も定期的にメンテナンスや検査を継続する必要があるため そちらの費用もかかりますし メンテナンスを継続することが面倒だと思う方には不向きであると言えます このように インプラントにもデメリットが多く存在するのですが このデメリットを理解した上で 治療を受けるか受けないかを判断するということが大切です 特にインプラントを推奨している歯科医院では このデメリットについてあまり説明されないこともあるかもしれないので 自身でしっかりと調べて把握するようにしましょう Menu 正しい知識 メリット デメリット 歯列矯正との違い 入れ歯との違い 差し歯との違い 医療費控除を受ける いつから食べられる 何人くらいがしている 丁寧な説明のクリニック インプラントは怖くない 永久に長持ちする 痛くない 金属探知機に反応 高額な費用が必要 適さない人との違い レントゲンを撮った時 歯を失った時 手術できる顎の大きさ 手術時の麻酔 どれくらい治療時間 保険適用される インプラントの歯の形 インプラントの歯の色 病院の選び方 インプラントのトラブル 東京で評判の良い

    Original URL path: http://www.villadent.com/demelit.html (2016-05-01)
    Open archived version from archive

  • インプラントと歯列矯正の違い
    結局全体を整える必要が出てくる場合があります そのため あまり実施している人はいないようです 他にもインプラントを活用したインプラント矯正という方法も存在します これは 新しい治療方法であるため 歯列矯正の中で取り入れている歯科医院はまだ少ないようです しかし 歯列矯正の長い期間がかかるというデメリットを克服することができると言われています インプラント矯正は インプラントを固定源として使用することで 歯を確実に移動させることができるため 治療にかかる期間を大幅に短縮することができるのです さらに 確実な移動による良い治療結果を得ることもできます これから注目を浴びていくであろうと思われる治療方法ですが インプラントを打つときに手術を行う必要があります この手術にかかる時間は インプラント1本につき5分から10分程度で その間は局所麻酔が使用されているため痛みはありません しかし このインプラント手術について不安や恐怖心があるという方は多いと思うので しっかりと医師と相談の上実施することをオススメします Menu 正しい知識 メリット デメリット 歯列矯正との違い 入れ歯との違い 差し歯との違い 医療費控除を受ける いつから食べられる 何人くらいがしている 丁寧な説明のクリニック インプラントは怖くない 永久に長持ちする 痛くない 金属探知機に反応 高額な費用が必要 適さない人との違い

    Original URL path: http://www.villadent.com/reform.html (2016-05-01)
    Open archived version from archive

  • インプラントと入れ歯の違い
    保険の範囲内で治療することができるため 治療費も安価に済ませることができる場合が多いようです デメリットとしては 装着したときに慣れるまでは違和感が強く 上手く発音ができなかったり 上手く咀嚼することができなかったりすると言われています 咀嚼に関しては 本来の天然の歯と比較すると 効率が半分以下に落ちてしまうとされています 装着時に金属のバネをかける必要があるため 口を開けたときにその金属が見えてしまうことがあるため 見た目が良くないという点も挙げられます 一方 インプラントは 歯の無い部分に人工の歯根を埋め込む治療法となります 人工の歯根と 骨とが結合するために ガタついたりすることなく天然の歯とほとんど変わらない感覚で使用することができます また 周囲の歯を傷つけたり負担をかけたりすることが無く 歯ぐきも自然な状態に回復してくれるため 見た目が非常に自然な仕上がりになります 1本から全ての歯まで 対応することが可能なのですが 保険が適用外となる治療方法であるため 高額な治療費が必要である場合があります インプラントにかかる費用について はこちらに詳しい解説サイトがあります 治療法についても詳しく解説されていますので 是非ご覧ください そして抜歯などといった外科的な治療法が必要となるため 何らかの疾患によって麻酔が使用できない場合や 強い恐怖心を感じるという人にはオススメできませんし 糖尿病などを患っている場合はインプラントができないという場合もあります 人工の歯根と自分の骨とを結合させたりする必要があるため 治療期間も非常に長くかかってしまうという点もデメリットの1つです インプラント自体 まだ全ての歯科医院で行われているものでないため 歯科医院を選ぶ範囲が狭く 更に歯科医選びを失敗すると 場合によってはトラブルが起こることもあるため 慎重に選ぶ必要があります このように 双方にメリットデメリットがあるわけなのですが 治療を受ける本人がどういった点を重視するかによって オススメの治療方法が異なってきます 見た目重視なのか 機能性重視なのか 価格重視なのか 自分がどのようにしたいのかということを明確にした上で よく歯科医師と相談することをオススメします こちらに インプラントの治療方法 についてかかれていますので参考にしてください Menu 正しい知識 メリット デメリット 歯列矯正との違い 入れ歯との違い 差し歯との違い 医療費控除を受ける いつから食べられる 何人くらいがしている 丁寧な説明のクリニック インプラントは怖くない 永久に長持ちする 痛くない 金属探知機に反応 高額な費用が必要

    Original URL path: http://www.villadent.com/ireba.html (2016-05-01)
    Open archived version from archive

  • 差し歯とインプラントはどう違うの?
    しかし自由診療であるために保険が適用されず 高額な費用がかかることが多いです また 治療期間も長期にわたり 半年から1年ほどかかることもあります 差し歯というのは 歯の全体もしくは残っている歯根に支台を立て 上に被せ物をしたもののことを言います そのため 歯根が残っていない歯には使用することができません 差し歯は 虫歯などで歯を残せるだけ残したいと思ったときに 歯根の部分を残してその上に歯の被せ物をして補うという方法をとります 歯の土台となる部分は 硬い金属性のもので しっかりと固定されるため ぐらついたりすることはありません インプラントが自由診療であるのに対して 差し歯は自由診療であるものと保険適用でできるものとがあります 何が違うのかというと 差し歯に使用する素材です 保険適用の差し歯は 素材がプラスチック製のものが使われます これは安価であるものの 数年経つと必ず変色していってしまうため 見た目を損なってしまうことがあります また 奥歯に使用するときは銀歯となってしまいます 一方 保険外となる差し歯というのはセラミックやジルコニアと呼ばれる素材のもので 見た目が良いのですが1本4万円から10万円以上の価格となっており 非常に高額となります こちらは奥歯でも白い材料を使用することが可能となっています 差し歯とインプラントでは そもそもの構造が全く違っているということと 治療にかかる費用に関しても保険の適用が効くものと効かないものとがあるということで 費用の面でも違いがあるということになります 自由診療のため高額な治療費がかかってしまうインプラントですが 人気のインプラント専門クリニック では月に数百人もの人が治療を行っているそうです 高くても真っ白な綺麗な歯を手に入れたいという方が多いんですね こちらに インプラントの種類と行える病院 についてかいてあります Menu 正しい知識 メリット デメリット 歯列矯正との違い 入れ歯との違い 差し歯との違い 医療費控除を受ける いつから食べられる 何人くらいがしている 丁寧な説明のクリニック インプラントは怖くない 永久に長持ちする 痛くない 金属探知機に反応 高額な費用が必要 適さない人との違い レントゲンを撮った時 歯を失った時 手術できる顎の大きさ 手術時の麻酔 どれくらい治療時間 保険適用される インプラントの歯の形 インプラントの歯の色 病院の選び方

    Original URL path: http://www.villadent.com/sashiba.html (2016-05-01)
    Open archived version from archive

  • インプラントで医療費控除を受けるにはどうしたら良いのか
    通院費など様々な面で費用がかかってきます そのため インプラント治療をしようと思うのであれば それなりの出費は覚悟しておかなくてはなりません そんな高額なインプラント治療ですが 国の医療費控除の対象となっているということはご存知でしたか 医療費控除というのは 生計を一つにする家族が 1月1日から12月31日までの1年間の間に支払った医療費が10万円を超える場合 医療費控除として所得から差し引くことができるのです 確定申告を行うことで その税金の還付を受けることができます この医療費控除の対象となる医療費というのは インプラント治療費や医療機関に通うための交通費も含まれています しかし 美容目的のためのインプラントや歯列矯正などは医療費控除の対象外となってしまうため注意が必要です 医療費控除を受けるためには 領収書や医療費の明細書の添付や提示が必要となります そのため インプラント治療を含め 医療機関などで受け取った領収書や明細書は 1年間は保管しておくというクセをつけておくと良いでしょう 自分1人だけでなく 共に生計を立てている家族全ての医療費の合計金額が控除の対象となるため 家族の領収書も全て保管しておくようにしましょう 医療機関までの交通費も控除するためには 領収書の発行が可能なものは発行して保管しておき 発行できないものに関してはメモ書きで良いので いくらの費用がかかったのかということを記しておくようにしましょう また インプラントの費用は高額であるため 分割で支払っているという方もいらっしゃると思います 分割払いの場合は 医療費控除の対象となるのはすでに支払った分だけになります しかしクレジットカードやローンなどで支払いをした場合は 医療機関にはすでに費用が支払われているということになっているため その費用全てが対象金額となります 前述したようにインプラントは非常に高額な治療です そのため 少しでもその費用を取り戻すためにも 面倒がらずに医療費控除をぜひ活用し 費用的な負担を軽減できるようにしましょう こちらに インプラントにかかる費用と治療費の相場 などがかかれていますので考えている方は参考にしてください Menu 正しい知識 メリット デメリット 歯列矯正との違い 入れ歯との違い 差し歯との違い 医療費控除を受ける いつから食べられる 何人くらいがしている 丁寧な説明のクリニック インプラントは怖くない 永久に長持ちする 痛くない 金属探知機に反応 高額な費用が必要 適さない人との違い レントゲンを撮った時 歯を失った時 手術できる顎の大きさ 手術時の麻酔 どれくらい治療時間 保険適用される インプラントの歯の形 インプラントの歯の色

    Original URL path: http://www.villadent.com/deduct.html (2016-05-01)
    Open archived version from archive

  • インプラントの手術後いつからものが食べられるの?
    出血したりする原因となる恐れがあるため控えたほうが良いでしょう インプラントの歯は どれくらいで通常のように噛めるようになるのかというと その素材や部位などにもよって異なりますが だいたい2か月くらいで天然の歯と同じように使用できるようになると言われています 治療後すぐの段階では 馴染むようになるまでは無理をせず なるべく柔らかいものから食べる練習をすると良いでしょう 馴染んでくれば これまでの天然の歯と同じように食べられるようになりますから 入れ歯や歯が無い状態では食べることができなかったようなものも 安心して食べていただけるようになります インプラント治療後の患者さんからは これまで味わうことができなかったものを食べることができたり 食べ物に関して何も気にせずに食べることができたりするという喜びの声がとても多いようです インプラントは保険が適用されないため どうしても高額な治療費となってしまうのですが 今後の生活が快適になることを考えればそのくらいの費用がかかっても良いと考えている人が多いというのも事実です やはり 入れ歯などでは味わえないインプラントの良さがあるのですね インプラント治療のメリットと失敗例 についてはこちらをご覧ください Menu 正しい知識 メリット デメリット 歯列矯正との違い 入れ歯との違い 差し歯との違い 医療費控除を受ける いつから食べられる 何人くらいがしている 丁寧な説明のクリニック インプラントは怖くない 永久に長持ちする 痛くない 金属探知機に反応 高額な費用が必要 適さない人との違い レントゲンを撮った時

    Original URL path: http://www.villadent.com/wheneat.html (2016-05-01)
    Open archived version from archive



  •